2009年12月26日

失業者に東京都の宿泊施設PR 年越し派遣村の元有志ら

● 年越し派遣村の話題になります。今年年末の年越し派遣村は東京都の主催という「官製」のものになるということで、派遣村の設備もかなり充実してくるとのことです。このイベントが決まったのがつい最近のことなので、果たして、全ての「必要とする人」にどのくらい知れ渡っているかが疑問なところです。
 さらにその資格者が都内在住(?)・ハローワークに求職登録していることなどがあり参加の制限はありますが、雇用対策は不況対策では最も必要なのものなので、その部分は最優先におこなっていただきたいものです。

 

失業者に東京都の宿泊施設PR 年越し派遣村の元有志ら
 昨年の年越し派遣村の元実行委員会有志らが26日、東京都内で記者会見し、年末年始に住まいを失った失業者らのために東京都が用意した渋谷区の宿泊施設について、チラシを配布するなど宣伝活動を始めたことを明らかにした。

 都は失業者らを28日から来年1月4日まで、国立オリンピック記念青少年総合センターで受け入れることにしているが、収容可能が約500人に対し応募者は25日の段階で約100人。有志らは「支援を必要としている人に、情報が行き渡っていない」としている。
 有志らは31日から来年1月3日までの間、新宿のハローワーク庁舎前で弁護士や労働組合役員らが生活相談に当たることも明らかにした。
 都はセンターの使用期限の1月4日以降についても、失業者らの宿泊場所としてカプセルホテルや「無料低額宿泊所」の確保を検討中。

2009/12/26 17:34   【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009122601000354.html



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。