2009年12月31日

公設派遣村600人超す

日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」によると、公設の派遣村は昨年の年越し派遣村の人数の500人を既に上回り、「雇用情勢」の一層の悪化を指摘しています。現実に各新聞報道をみても求人倍率が良くなったという記事はなく、今後の雇用情勢が一層深刻化していくのではないかという懸念も指摘されています。


 

2009年12月31日(木)「しんぶん赤旗」

公設派遣村600人超す
雇用深刻 昨年上回る
国・都 300人分の施設追加

--------------------------------------------------------------------------------
 国と東京都が開設した「公設派遣村」(渋谷区・国立オリンピック記念青少年総合センター)の入所者は30日、当初の定員500人を超え、639人になりました。国と都は新たに300人分の施設を用意する事態になりました。昨年、労働組合や市民団体が行った「年越し派遣村」に身を寄せた505人を早くも上回っており、雇用破壊の深刻な実態が改めて浮き彫りになっています。


--------------------------------------------------------------------------------


(写真)「ワンストップの会」の相談会場で、受け付けに並ぶ人たち=30日、東京都新宿区
 
 センターには住居も仕事も失った人がこの日も次々と訪れ、170人が入居。センター内の別棟(定員318人)でも受け入れが始まりました。

 「年越し派遣村が必要ないワンストップ・サービスをつくる会」(代表・宇都宮健児弁護士)が、新宿区のハローワーク新宿に隣接する公園で行う相談活動や、都内各所で公設派遣村の利用を呼びかける行動には、120人以上のボランティアが参加。相談テントには長蛇の列ができ、118人が訪れました。
 上野のハローワーク前でもらった同会のビラを握りしめた46歳の男性は「スズキやリコーの製造派遣をやり、最後は警備員の仕事をクビになった。今日で寮を追い出される」と訴え。生活保護を受けられると説明を受け、「安心した」といって公設派遣村の入所手続きに向かいました。
 一方、公設派遣村に入所した49歳の男性は、体を壊して警備会社を解雇され、家賃も払えなくなり今月からホームレスに。「一息ついたが、生活相談が順番待ちでまだ受けられていない。1月4日にここを出されても住所も仕事もないままどうなるのか不安です」
 着の身着のままサンダルで入所したという男性(38)は「洗濯はできるけど着替えがない。せめて靴下がほしい」と訴えていました。
 
--------------------------------------------------------------------------------
■関連キーワード

労働者・雇用
派遣切り
派遣村
労働者派遣法
格差社会・ワーキングプア
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-12-31/2009123101_01_1.html
(2009/12/31/しんぶん赤旗)



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。