2010年01月21日

【日本の議論】「公設派遣村」は有効だったか? その内実は…

こちらのまとめでは、官製派遣村の内容とその反省点が述べられています。特に失態と言われているのは、2万円を一括支給(就職活動費と毎日の昼食代)したのはいいものの、そのまま戻ってこずに行方をくらましてしまった。という点と、総費用が当初の見積もりでは6千万円が1億数1千万円までのぼってしまったということです。
 このような失敗は当然ながらつきものなので、次回?行うときは、今回の点を省みて、よりよい「派遣村」にしていけばよいのではないかと思います。当然不況下であるからいくら努力しても職にありつけない人は決してすくなくありません。そういうことを考えてみれば「派遣村」を行うのは憲法に保証された、「人間として最低限の生活」を補強するものと必然的になることでしょう。





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。