2010年02月01日

賃料支払いデータベース、情報登録スタート 全国賃貸保証業協会2010年2月1日

●今日から予定通り賃貸保証のデータベースの運用がスタートしました。特に大きな不具合は報告されていませんが、行っていくうちに不具合というものも生じていくことでしょう。
 滞納でも簡単なうっかりなどは搭載の対象としていないこともありますが、失業や病気などの理由で大きな滞納をしてしまった人に対する全体的なフォローができていないということでその点が今後の課題になるかと思います。
 


 

賃料支払いデータベース、情報登録スタート 全国賃貸保証業協会2010年2月1日
 
    
 賃貸住宅の賃料支払い情報データベース(DB)の構築を進めている全国賃貸保証業協会(東京都港区、迫幸治会長)は2月1日、登録に同意した新規契約者を対象に賃料支払い情報の登録を開始した。  同協会加盟会社は2月1日時点で13社。情報登録は月1回で、月間約10万件、年間100万件程度を見込んでいる。データは加盟社で共有し保証契約の審査に利用される。職業や雇用形態、勤続年数、年齢などにかかわらず、滞納履歴がない、もしくは軽微な場合は借りやすくなる。将来的には保証料の低減や賃貸条件の緩和にもつながるという。
 一方、「失職や病気など、やむを得ない滞納の事情が汲み取れないのでは」という指摘には、本人申告情報として滞納理由の登録の検討を予定しているほか、加盟社従業員の教育を充実させて対応する方針。借りやすい仕組みを構築するため、万全かつ慎重に体制を整備していくとしている。

 いわゆる「うっかり滞納」についても、遅延の連絡から支払いまで短期間で、滞納情報として登録されない場合が多いとしている。
http://www.asahi.com/housing/jutaku-s/JSN201002010001.html
(2010/2/1/asahi.com 朝日新聞社 住宅新報社)



【関連する記事】
posted by 管理人B at 20:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸保証・滞納家賃保証業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。