2010年02月10日

住宅ローン変更の相談続々 '10/2/10

●昨年実施された、金融関連法案においての一つに、「住宅ローンの返済条件変更」ということが盛り込まれました。
しかし、このことは金融機関の努力義務ということしかなっていなく、大手の銀行の担当者も、延長などを行うことはできても、実質的に利用者の負担を軽減するものではないという事を話しています。
 仮に35年のローンを40年に延長しても毎月返済する金額は減らすことはできても、その分の利息が多くかかってくるので総額の支払は多くなってしまうのが現状です。今後は「緊急雇用対策」と同じようなはっきりとした大規模な政策が望まれます。

 


 

住宅ローン変更の相談続々 '10/2/10

--------------------------------------------------------------------------------
 
 個人所得の減少や将来不安を背景に、住宅ローンの返済条件変更に関する申し込みや相談が中国地方の金融機関で増えている。条件変更に積極的に応じるよう求める中小企業金融円滑化法が昨年12月に施行し、金融機関も対応を強化している。

 広島銀行(広島市中区)は昨春以降、住宅ローンの返済条件変更に関する相談が増えている。昨年12月の相談件数は約200件で、前年同月の3倍となった。
 ボーナスの減少など所得環境の悪化が相談の主な要因という。子どもの進学といった将来の出費増を見越した相談も増えており、同行は「差し迫っていなくても、先行き不安から相談に訪れる人が多い」という。
 中小企業金融円滑化法は金融機関に対し、中小企業向け融資と住宅ローンで返済条件の変更依頼に積極的に応じるよう求めている。中国財務局によると、法が施行された12月4日から同月末までに中国地方の地場銀行9行が受けた住宅ローンの条件変更の申し込みは961件に上った。西京銀行(周南市)は1月27日、住宅ローンの全顧客約1万人に相談窓口を案内する書面を送った。
 住宅金融支援機構中国支店(広島市中区)は、既存のローンを長期固定金利型住宅ローン「フラット35」に借り換えることができる制度をPRする。国の経済対策で昨年6月から可能となった。現在の金利水準が低いため、返済額が大幅に減る場合もあるという。

 同支店は「今後、景気が回復すれば金利上昇も考えられ、返済に困る人がさらに増える可能性もある。ローンを見直すなら早い方がいい」と指摘する。
 
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201002100102.html
(2010/2/10/中国新聞)



posted by 管理人B at 15:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 住宅ローン関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

住宅ローンが払えなくってお困りの方
Excerpt: 住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)では、現在返済でお困りの方について、「返済方法の変更」をすすめています。 返済方法の変更メニューには、大きく分けて以下の3つのタイプがあります。 ※詳しくは、住宅..
Weblog: 住宅ローンの神田
Tracked: 2010-03-27 18:45
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。