2010年08月05日

生和不動産保証とセディナ、家賃決済ビジネスで業務提携

●生和コーポレーションは一昨日話題にした、「大東建託」と同様、お客様の土地の活用から運営まで行う、建設と不動産のワンストップのような会社です。そこのグループの一つである生和(せいわ)不動産保証株式会社がその家賃決済として、セディナ(旧ダイエーOMCとセントラルファイナンスとクオークの3社が合併)が業務提携したという形です。
 業務提携というのは基本的にお互いの強い部分を合わせ会うことなので、生和グループもコストダウンによる業績がよかったのだろうと解釈する次第です。
 またクレジット会社は丸井やオリコをはじめ家賃保証や決済業務に次々と参入していきています。家賃保証が特に過剰な投資を行わない限り、堅い業種ともいえるかと思います。

 
 

生和不動産保証とセディナ、家賃決済ビジネスで業務提携
生和コーポレーショングループとセディナ、家賃決済ビジネスで業務提携


 生和不動産保証株式会社(代表取締役社長:黒田 順一、以下「生和不動産保証」)と株式会社セディナ(代表取締役社長:山下 一、以下「セディナ」)は、このたび業務提携し、生和グループのお客様へ向けた便利で安心な家賃決済サービスを8月10日より開始しますので、お知らせいたします。

 生和不動産保証は、創業以来40年以上にわたり、一貫して土地活用・賃貸マンション経営のトータルサポート、コンサルティングサービスを提供し、無借金経営を続けている生和コーポレーション株式会社のグループ中核企業で、今年4月にグループ管理理戸数50,000戸を超え、オーナー様から建物を一括してお借りし、入居者募集から建物維持管理まで、オーナー様のリスクを最小限に抑え、長期にわたり安定したマンション経営を実現しております。
 また、賃貸マンション経営を軸にした土地有効活用を通して、人、環境、自然との調和を常に考え、「すべてはオーナー様のために」を合言葉に徹底した顧客指向で、社会や地域に貢献できるよう、全社グループ一丸となって取り組んでおります。
 一方、セディナは、カード・クレジット・ソリューションのそれぞれの事業が融合した日本最大級のコンシューマーファイナンス会社として、昨年4月1日に誕生いたしました。
 セディナのソリューション事業における家賃決済サービスは、賃貸家賃の管理業務に関して「クレジット審査」、「家賃収納・送金」、「滞納家賃の立替」業務等を同社のクレジット機能を活用してご提供するサービスであり、これまでも家賃保証会社様や不動産管理会社様に高い評価をいただいています。
 今回導入する「SEIWA家賃決済サービス」は、生和不動産保証が管理するマンションにご入居を希望されるお客様が対象で、入居時の初期費用の分割払いが可能となるなど、お客様にとってのメリットが充実しています。また、オーナー様にとっても業務効率の改善や個人情報の漏洩リスクを軽減できることになります。
 両社は今回の提携により、今後とも、ご入居されるお客様やオーナー様、それぞれのニーズに応える商品の開発に積極的に取り組んでまいります。


※サービス詳細などは添付の関連資料を参照

● 関連リンク
(株)セディナ ホームページ


生和不動産保証(株) ホームページ


● 関連資料
サービス詳細
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=258243&lindID=3
(2010/8/5/日経プレリリース)



【関連する記事】
posted by 管理人B at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸保証・滞納家賃保証業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。