2010年09月28日

武富士、会社更生法適用を申請…清川社長ら辞任

●昨日から言われていた消費者金融の武富士が会社更生法の適用を東京地方裁判所に申請いたしました。保全管理人の小畑英一弁護士は ロプロの破産管財人も行っています。消費者金融自体が時代の波から外れる昨今なので、銀行の傘下となったプロミス(三井住友銀行)やアコム(三菱東京UFJ銀行)とは違い独立しての経営体ということで厳しい状況が強いられてきたかと思います。これで残りのアイフル自体も厳しい事は間違いありません。本来消費者金融というのは、あまり必要のない企業なので、この影響で雇用情勢がさらに悪化するのが懸念されています。
 


 

武富士、会社更生法適用を申請…清川社長ら辞任
 消費者金融大手の武富士は28日午後、東京地裁に会社更生法適用を申請し、経営破綻(はたん)した。


 同地裁は即日受理し、保全管理命令を出した。負債総額は6月末時点で4336億円。記者会見で、保全管理人の小畑英一弁護士は、過払い利息の請求権者は最大200万人程度いて、最大1兆〜2兆円の返済が必要になる可能性を示した。

 武富士は29日からコールセンター(0120・390・302)を設置し、問い合わせに応じる。
 今後の業務を円滑に進めるため、武富士は経営陣の一部が残る「DIP型会社更生」に準じた手続きを採用した。清川昭社長と武井健晃副社長は辞任し、吉田純一取締役が社長に昇格した。今後、武富士に資金提供するスポンサーを探し、再建の道を探る。吉田社長は記者会見で、「過払い利息の返還請求が高止まりし、(将来の)社債償還を踏まえ(更生法申請を)判断した」と説明した。

(2010年9月28日21時16分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100928-OYT1T00893.htm?from=main1



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。