2010年10月26日

【検事起訴】「取り調べメモの厳重保管を」 元副部長弁護団が最高検に申し入れ

●刑事事件(公判)で重要なカギを占めるのが「供述調書」といわれるもので、捜査機関(警察・検察)が被疑者及び被告人より述べられたものになります。供述調書を公判において、提出するのは捜査機関の任意と言われていますが、それは、対象被疑者・被告人が了解して証明押印したものに限るので、メモまでを証拠とできるかどうかと言う事には疑問を挟む余地が充分にあります。
 実際、捜査機関がメモを押収する事ができるのと同時に、被告人も証拠を保全するという意味では、そのメモも証拠とすることができますが、その場合、それに基づいてメモをした人、それに対象となって答えた人を公判で証言させなければならないことになります。
 
 検察が起訴をするのは100%有罪を勝ち取れる自信がなければ起訴はしません。逆に敗北する余地が残されていたら、逮捕すらしないのが今の現状です。当然無罪が確定をしたというのであれば、非常に大きな責任問題と賠償問題に発展するからです。その結果だれがその最も大きな責めをうけるかの人選が検察では重要になってきます。

 ただ今回の場合は公判の途中でボロがでてきてしまったため公判維持どころではなくなってきたのが実情です。
 

【検事起訴】「取り調べメモの厳重保管を」 元副部長弁護団が最高検に申し入れ
2010.10.26 21:06
 最高検が不要な取り調べメモの廃棄を各高検・地検に通知していた問題で、犯人隠避罪で起訴された大阪地検特捜部の元副部長、佐賀元明被告(49)=懲戒免職=の弁護団は26日、「今回の事件でも、多くのメモが廃棄対象とされる恐れがある」として、取り調べメモの厳重な保管を最高検に申し入れた。

 申入書では、大阪地検特捜部の押収資料改(かい)竄(ざん)・犯人隠避事件について「多数の検察関係者から事情聴取がなされ、多くのメモが作成された」と指摘。「関係者を含む取り調べ状況を明らかにすることは、供述の信用性判断、真相解明の上でも不可欠」としている。

関連ニュース【検事起訴】「失われた信頼を回復」 北村新検事正が着任 大阪地検
【検事起訴】特捜部元副部長「無実の主張は変わらない」 大阪拘置所で接見
【検事起訴】弁護団、検事正を証人申請へ 前特捜部長「一片の私心なく組織に貢献してきた…」
【検事起訴】改竄余波で厚労省内の検証進まず 郵便不正、処分先送り
【前特捜部長ら起訴】公判で冷静に見極めを
【前特捜部長ら起訴】犯人隠避罪適用の行方は… 具体行為の立証の有無が焦点
【前特捜部長ら起訴】真相究明法廷へ 大弁護団vs最高検
【前特捜部長ら起訴】「前例のない重大な事態」大阪高検検事長、会見で陳謝
【検事起訴】元副部長「改竄公表なら特捜は崩壊」執務記録に記述 午後、前部長と起訴
【検事起訴】前特捜部長ら最高検の「構図」を全面否定 午後に起訴

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101026/crm1010262106041-n1.htm







【関連する記事】
posted by 管理人B at 22:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。