2010年12月10日

木村剛被告、記者会見で陳謝 起訴内容おおむね認める方針

●経営破綻した日本振興銀行の検査妨害の件で起訴された元代表で創業者である木村剛被告人が1000万円を支払って保釈されました。「オレ、何も言っていないよな」という事を部下に言って指示したとされることが大きくとりあげられてきましたが、起訴事実は認める方向であるようです。
 しかし、中小企業を救おうとしう趣旨で設立した銀行であるのは画期的でもありますが、現在同様に経営に難を生じている東京都主導の「新銀行東京」と同様に、会社のリスクが高い企業に担保要件を低くしても貸付を行うことは難しいことがこの企業でもやや明らかになってきています。
 




木村剛被告、記者会見で陳謝 起訴内容おおむね認める方針
2010.12.9 23:21

保釈され記者会見する木村剛被告(右)と弘中弁護士=9日午前、東京都千代田区 (桐山弘太撮影) 経営破綻した日本振興銀行の検査妨害事件で、銀行法違反(検査忌避)罪で起訴され、8日に約5カ月ぶりに保釈された同行前会長、木村剛被告(48)が9日、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、起訴内容をおおむね認める方針であることを明らかにした。

 ただ、実際にメール削除など具体的な妨害工作の指示をしたか明言はせず、「メール内容を確認するように(部下に)指示したことは覚えている」と述べるにとどめた。

 木村被告は会見で「預金者や取引先などに多大な迷惑をおかけしたことを心からおわびします」と再三、頭を下げて陳謝。破綻の原因については「ひとえに自分の力不足。難しいマーケットではあるが(中小企業への融資という)理念については間違っていなかったと思う」と述べた。

 また、外部の特別調査委員会から違法性が指摘された企業グループ内の融資などについては「助け合いの精神で行った。違法性のある取引とは認識していない」などと強調した。

 起訴状によると、木村被告は同行幹部と共謀して、金融庁の立ち入り検査直前の平成21年6月と、検査中の8月に計700本余りの業務メールを削除。検査官に対しては「担当者のミス」などと虚偽の説明をして検査を妨害したとされる。

 木村被告は起訴された段階では、事件への関与を否定していた。

このニュースの写真
関連ニュース振興銀の木村剛前会長、会見で起訴事実認める方針 グループ内融資「違法性認識せず」 
木村剛被告を保釈 検察側の準抗告棄却
木村前会長の保釈決定、保釈金1000万円 日振銀事件、検察側は準抗告





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。