2011年01月06日

値上がり率、世界トップ=2010年の日本の不動産投信

●今の東証株価(日経平均)1万円強となっています。株式相場もリーマンショックから今一つという感じです。
一方上場不動産投資信託の方はと言いますと、2008年9月のリプラス・リーマンショックを契機に一度は、落ちるもののその後の上昇は緩やかにあがっていっているという状況です。
 かつて、リプラスレジデンシャル投資法人から、なんとか難を逃れ名称がかわった日本賃貸住宅投資法人も堅く他のリート同様持ち直しています。
図解入門ビジネス 最新J‐REITの基本と仕組みがよーくわかる本―ストラクチャーとビジネスモデルを完全図解 (How‐nual Business Guide Book) [単行本] / 脇本 和也 (著); 秀和システム (刊)図解入門ビジネス 最新J‐REITの基本と仕組みがよーくわかる本―ストラクチャーとビジネスモデ...

値上がり率、世界トップ=2010年の日本の不動産投信
 日本の不動産投資信託(REIT)の2010年の値上がり率が、主要国・地域でトップとなったことが6日、分かった。日銀が包的金融緩和の一環として打ち出したREITの買い取り決定が需要を刺激、価格上昇につながった。ただ、先行きは追加発行による需給悪化で価格が下落する可能性もあり、一本調子の上昇が続くかは微妙だ。
 10年の日本のREIT価格の上昇率は、米格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)が算出する指数で45.5%となり、主要国平均(17.9%)の2.5倍に達した。同年前半はギリシャの財政問題などを背景に伸び悩んだが、後半は上昇歩調をたどった。
 みずほ証券の石沢卓志チーフ不動産アナリストは、「日銀がREIT購入を決めたことが、08年のリーマンショック以降買いを控えてきた地銀の投資再開の呼び水になった」と指摘する。REITを裏付け資産とする投信の増加や外国人の買いも需給改善に寄与。地銀は資金運用先の確保に苦慮しており、REITへの投資は当面続く見通しだ。(2011/01/06-16:58)

http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2011010600607


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。