2011年01月25日

アドバンテッジ、東京スター銀への派遣取締役減員を検討 2011年 1月 25日 14:37 JST ..

●昨日から東京スター銀行の話題が多いですが、一見すると利用者や関係者には不安の念を抱く内容とも見受けられます。今回の決算では赤字ということだったので、別の銀行からお金を借りて、東京スター銀行の持ち株会社(大株主)となった、アドバンテッジパートナーズの資金繰りがショートしてしまったということです。
 そして、そのお金を貸した銀行が、アドバンテッジからとるものがないので、経営権があるものを一部譲渡するということとなっています。

 今回の気になる点は、債務の受け皿ということで特定目的会社(SPC)を設立するということです。このSPCは、東京スター銀行が赤字になった時の穴埋めの緊急処置で損失を行う会社です。その出資は「匿名組合」(とくめいくみあい)というやり方で、行うものと思われます。
 もし、東京スター銀行が持ち直して、利益が充分出てきた場合は、出資者へは大きな配当がおこなわれますが、逆に今回のような赤字が続いた場合は、そのSPCから優先して補てんを行うため、配当はもちろんのこと元本返還まで大きく棄損されるという事態も予想されます。当然利率も5%などの大きな予想配当としなければならないので、いわゆるハイリスクハイリターンともいえるでしょう。
 しかし、この匿名組合を行うということは、当然、「よほどのことがない限り配当の支払いや、元本の返還はできますよ」という状況でなければできないので、一応大丈夫なのかもしれませんが、ここ数年のこういった「債務の受け皿的な」SPCについては、親会社が破綻してしまっているケースも発生しているため、これに出資する場合は
慎重に行わなければならないと思います。
 現にMUFG(三菱東京UFJ銀行)・SMBC(三井住友銀行)・みずほ銀行 などのメガバンクも、自社運営資金を調達するためのこれに近いような、ファンド(利率でいうと2%〜3%位)のものがここ1年前に発行されていたのを覚えています。特にこのようなファンドは「民事再生法の適用申請があった時」〜これ以上の条件がある場合は債務を免れることができる文言が記載されているので、このようなファンドの話を持ちかけられた時は要注意です。
 



 
アドバンテッジ、東京スター銀への派遣取締役減員を検討
2011年 1月 25日  14:37 JST
..日本の投資ファンド、アドバンテッジパートナーズは、2008年に買収した東京スター銀行に派遣している取締役の数を現在の5人から2人に減らし、減員分を買収資金を調達した融資団に譲渡することを検討している。関係筋が明らかにした。  米投資ファンドのローンスターを含む融資団は、およそ1600億円のアドバンテッジの債務について、再編の可能性をアドバンテッジと協議している。融資団には、日本の新生銀行、あおぞら銀行のほか、フランスのクレディ・アグリコルなども加わっている。
 関係筋によると、アドバンテッジによる派遣取締役の減員に伴い、東京スターの将来の株式公開や売却について、融資団の発言力が強まることになる。
 これまで、融資の利払いは、アドバンテッジが東京スター買収時に設立した特別目的会社(SPC)が、東京スターからの配当を原資に行ってきた。融資団は、今回の協議に当たり、同SPCによる利払いの期限を1月31日に設定している。
 東京スター銀は2010年3月期に28億円の最終赤字を計上し、今年度中間期も31億円の赤字になった。ある関係筋によると、これは、SPCと融資団との収益条項に反することになるという。
 アドバンテッジと東京スターは、債務の受け皿として新たなSPCを設立し、アドバンテッジが一部議決権を持つ可能性を検討したもようだ。
http://jp.wsj.com/Japan/Companies/node_175815


posted by 管理人B at 16:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。