2010年12月22日

大阪地検特捜検事、捜査報告書の改変を指示「アリバイ削除を」 知的障害男性の公訴取り消し問題で

●大阪地検特捜部の「証拠改ざん事件」は前田恒彦被告人(元主任検事)だけでなく、他にも叩けば埃がもっと出てくるようです。
 前田恒彦被告人の事件が関係者からは「あり得ない」という事件なのですが、これだけが突発的におこっているとは到底思えないような事件でした。そうなると他にもやっているんじゃないかということが誰でも思うのではないのでしょうか。
 検察が起訴をするのは「絶対に有罪になる」という確信がないと起訴いたしません。もし無罪になったりしたばあいは大きな責任問題に発展します。当然賠償金を払う可能性も大きくでてくるので、最近の傾向は、一度起訴して「無罪だった」とわかった時点で「無罪」を検察が申し出るのではなく、「証拠をつくって」有罪を立証させ、起訴した責任を逃れようという目論見が見えてきます。


 

大阪地検特捜検事、捜査報告書の改変を指示「アリバイ削除を」 知的障害男性の公訴取り消し問題で
2010.12.22 09:03
 大阪地検堺支部が放火などの罪に問われた知的障害のある男性(29)の公訴を取り消した問題に絡み、公判担当だった地検特捜部の高宮英輔検事(38)が貝塚署に対し、捜査報告書から男性のアリバイ発言に関する部分の削除を指示していたことが21日、分かった。地検は起訴を取り下げた11月の時点で問題を把握したが公表せず、この日発表した。押収資料改竄(かいざん)事件に続く「改竄」ととらえられかねない不祥事で、検察への打撃は必至だ。  高宮検事は21日付で、減給10分の1、3カ月の懲戒処分を受け、20日付で地検総務部に異動。府警は削除に応じた男性警部補(54)を所属長訓戒処分とした。地検は虚偽公文書作成容疑で高宮検事らを捜査したが、不起訴処分(嫌疑なし)とした。
 地検によると、捜査報告書は男性の言動を記録するため署側が1月11、12の両日に作成。4月になって高宮検事は、男性が事件当時のアリバイについて「自宅で寝ていた」と発言した−と記された部分を削るよう求め、署側が報告書を作り直した。
 男性はアリバイ発言の直後に「嘘をついた」と撤回し、実際に自宅にいなかったことが判明したためだが、高宮検事は「公判で無用なトラブルや争点を作りたくない」などと署側に削除を指示したという。高宮検事は当時特捜部に所属し、堺支部へ応援に出ていた。


 地検によると、男性は捜査段階で容疑を認めたが、1月の起訴後に起訴内容を否認。地検は「自白の信用性を立証することは困難との結論に達した」として、異例の公訴取り消しをしていた。

 大島忠郁次席検事は「公判活動の公正さに疑念を抱かせる指示で誠に遺憾」と話した。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110112/crm11011206560100-n1.htm


【関連する記事】
posted by 管理人B at 16:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。