2011年02月28日

厚生年金基金の積み立て不足、3700億円に 厚生年金基金の積み立て不足、3700億円に

●これは、ひとごと何所ろの話ではありません。
 以前、りそな銀行系列が九州石油業厚生年金基金の運用(不動産投資として運用)に失敗して提訴されたことを話題にとりあげましたが、それと同等のことがここでは起き始めています。
 普通の厚生年金の失敗であれば、「国が悪い」という事で何らかの処置がのぞめるのですが、これは普通の民間企業が運用しているというものなので、依頼者(受給予定者)もこのことを法律上承知でおこなっているから、極端な話となるまでもなく、普通の株式同様の投資と同じ事と言えるわけです。しかも老後の糧となる資金がこのような状態になれば、転職も就職も期待できないであろう年金受給者(高齢者)にとっては今からでも手を打たなければ大変な事になってしまうというものです。


 

厚生年金基金の積み立て不足、3700億円に  


. 会社員が加入する企業年金「厚生年金基金」のうち、財政が特に悪化した51基金の積み立て不足が昨年3月末現在で総額約3700億円に上ることが28日、厚生労働省の調べでわかった。


 運用状況などが改善しなければ、母体企業は加入者1人当たり平均106万円を穴埋めする必要に迫られ、最大で70万人が給付減額や掛け金引き上げなどの影響を受ける恐れもある。

 厚生年金基金には独自の上乗せ部分のほかに、厚生年金保険料の一部を預かって運用し、国に代わって年金を支給する「代行部分」があるのが特徴だ。
 調査対象は、全国に約600ある基金のうち、給付に必要な積立金が3年連続で基準の9割を下回った51基金。これらが財政悪化で解散する場合、代行部分にあたる積立金計約1兆5300億円を国に戻さなければならないが、約3700億円少ない約1兆1600億円しか保有していなかった。

(2011年2月28日22時13分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110228-OYT1T00892.htm



【関連する記事】
posted by 管理人B at 22:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。