2011年03月22日

【震災関連情報】被災者向け優遇賃貸物件の紹介サイト

● 東北地方の仮設住宅がいよいよ着々と増えている一方で、関東や関西への県外の移住(一時避難)も準備が始まっています。全国型企業は東北から違う地域に転勤になったり、失業されているかたはこれを機に東北ではなく関東や関西に転職や再就職をする方もいらっしゃるのではないかと思います。

不動産情報(不動産投資・不動産賃貸・不動産売買)サイトの大手のネクストが今回の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災・東北関東大震災)の被災者向けに賃料を「優遇しましょう」という専用のサービスを開始することになりました。
 「優遇」はどういうことかというと、今まで敷金や礼金をとっていたものを震災者の方に限り無しにするとか仲介料は無し、場合によっては向こう2年間の月家賃や共益費を減額する、そういった経済的に減免していくさーびすとなることと思います。
 ではその「減免」の費用はどこが負担するかといえば、やはり物件を提供するオーナーだったり、ネクストもその一部を負担したりさらには、不動産賃貸会社が(仲介料を)負担したりという、すべて関連する方が何らなの経済的な援助(本来いただく費用の負担を催行者が行う)するということです。
 
 今回の震災の国内総損失額は民間の調査機関や金融関連は10兆円〜19兆円という試算が出ています。この損失を負担するには、国民全員が何らかの形で間接的にでも負担をしていかなくてはなりません。そういう形のごく一部が震災者向けの賃貸物件であったり、その他企業においては、震災者について優遇負担するというサービスになるのかと思います。


 

【震災関連情報】被災者向け優遇賃貸物件の紹介サイト  不動産情報提供などのネクスト(井上高志社長)は、東日本大震災の被災者に向けて、優遇賃貸物件の情報提供サービスを3月末に開始する。
 ネクストが運用する住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME'S」内に、被災者を対象とする優遇賃貸物件の情報を提供する「HOME'S住まい探し支援特集」を開設する。紹介する物件では、敷金・礼金無料や敷引きなしの物件、保証金不要、仲介手数料無料の物件を掲載する。また、フリーレントや家賃減額などの支援内容を含む物件情報の提供も予定している。
 また、ネクストが運用する地域コミュニティサイト「Lococom」では、3月24日、物件オーナーやシェアハウス運営者が、被災者に提供できる空室の情報を登録するコーナーを設置する。

(2011年3月22日  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/bcn/20110322-OYT8T00706.htm



【関連する記事】
posted by 管理人B at 17:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃借人・不動産所有(持家)関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。