2011年06月15日

焼肉酒家えびす、運営会社が6月末めどに清算

●焼肉えびすが、今月末を目標に「精算」ということになりました。
この精算は裁判所を通さない「任意整理」という方法でおこなうとのことです。おそらく、被害弁済や一般の債権者などすべての債務となるべき負債と、現存する資産を見比べて、完全に精算できるだろうという目論見なのかもしれません。一見裁判所を通さない倒産処理なので、一見穏便に見える方法なのですが、よくみると資産が7億(不動産投資なども含めて)で負債が10億(再就職するかと思いますが雇用していた人の労働債権も含めて)・となっているので、当然3億は誰かが泣かなけれななりません。さらに、この事件で人の命が何人か落とされているので、その補填は通常自動車事故で過失死傷した時の余世の生涯賃金などの見積もりを考えても数億円となってもおかしくありません。したがって、裁判(民事訴訟)に発展する可能性も充分あります。

 そういうふうになってしまうと訴えられるのは法人であるフーズ・フォーラスだけでなく、勘坂康弘社長はもちろん、会社の取締役も個人的に「過失」や「連帯責任」をたてに訴えられることも充分に考えられます。
  仮に自己破産を申請して、破産手続き開始決定となると、当然、その民事訴訟はできなくなります。破産前であれば、破産手続き開始決定になっても、その被告は「破産管財人(主に弁護士)」が受け継ぐことになるので、会社の残余財産においてより突っ込んだ賠償を求めることができるかと思います。


 このブログは「リプラス情報収集組合」なので、リプラスを例にとらせていただきますが、リプラスの場合、3年近く前の2008年9月迄は会社の継続を(表上かもしれませんが)試みていましたが、もう継続はできないということで、民事再生を飛び越して、自己破産を東京地裁に申請いたしました。そしてすぐに破産手続き開始決定がなされて破産管財人が就きました。さらにその代表であった姜裕文 氏も、自己破産の申請をして開始決定となりました。そうなると、損害を受けた人の被害回復の大きな手段である民事訴訟はそれによりできなくなってしまいます。訴訟をしている時は中断となり破産管財人が受け継ぐということになります。一般債権者でも会社の残余財産を分け合うしかないのでとても厳しい状況になりますので、当然、債権者への支払いをしたあとの残余財産を分け合うという「株主」の損害賠償は絶望的となります。同様にその代表に賠償を向けても既に自己破産しているため、法人の破産同様、その賠償を訴訟で求めることはできなくなってしまいます。仮に債権届けというもので、個人の債権者集会にそれを求めても、個人の破産処理は、法人の処理と違って、「金の流れ」を残さないことが通常であるため、言い方は悪いですが、お金を隠すことが容易となります。そのようなことで表上、破産管財人がつかんでいる資産も極少額となっていることも少なくありません。


 話は脱線しましたが、今気がかりなのは、亡くなった方への補償がこの会社がしっかりできるのかどうかということです。補償は金銭的なものでしか解決できないものですが、そのあたりをどうするかということです。

 


焼肉酒家えびす、運営会社が6月末めどに清算

 焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件を巡り、運営会社「フーズ・フォーラス」(金沢市)が、6月末をめどに清算手続きに入る準備を進めていることが14日、代理人弁護士への取材でわかった。


 被害者への補償を優先し、保有資産の売却で得た資金を充てる方針という。

 弁護士によると、同社は資産を売却しながらの任意整理を目指し、保有の20店舗(賃貸含む)を売却して補償資金にする意向。物件や銀行預金を含めた同社の資産は簿価ベースで約7億円、負債は約10億円という。
 また、7月上旬にも金沢市で債権者集会を開催し、勘坂康弘社長も出席する予定という。同社は今月8日、従業員約60人に解雇を告げている。

(2011年6月14日20時20分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110614-OYT1T00910.htm



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。