2011年09月03日

民事再生の安愚楽牧場へ預託農家が経緯と今後の扱いの説明を求める

●安愚楽牧場の預託農家(安愚楽牧場被害者に属するともいえます)から当然のことですが、様々な疑問点が持ち上がっています。
 やはり預託農場も一致団結して、未払いなどの部分を求めるべきだと思います。個別や個々の小集団において弁護士を個別に立てての戦いはやはり費用対効果などの事も考えれば難しい点がうかがわれます。預託農場も全国固まって交渉を行うのが最もよい方法ですし、安愚楽牧場側や預託農場側の労務コストを抑える事ができるものと思います。



民事再生の安愚楽牧場へ預託農家が経緯と今後の扱いの説明を求める

安愚楽牧場に説明求める要望書
2011年09月03日

 和牛オーナー制度を運営する「安愚楽牧場」(本社・栃木県)の経営が行き詰まった問題で、同社から牛を預かって育てている県内の預託農家が同社に対し、今後の経営方針などの説明を求める要望書を送ったことが2日、分かった。
 関係者によると、要望書は、県内の預託農家でつくる「宮崎安愚楽会」の伊藤成年会長名で送付。主に(1)経営が悪化し、民事再生法の適用を申請するに至った経緯(2)同社の再生計画の見通し(3)預託農家の取り扱いの今後の見通し(4)再生計画が明らかになる時期――について、「なるべく早く説明会を開いてもらい聞きたい」としている。
 伊藤会長は「情報を得たいという声が一部の農家から寄せられている」と話している。同社は朝日新聞の取材に対し、「個別の事案については説明できない」としている。(北村有樹子)
http://mytown.asahi.com/miyazaki/news.php?k_id=46000001109020002
 


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。