2011年09月25日

安愚楽牧場、出資金で配当調達か…「自転車操業」と専門家

●自転車操業だったという専門家の分析の話になります。
(コメントは以前同様の事をかなり前に述べていますので割愛させていただきます)
資料をキープするため掲載いたします。




安愚楽牧場、出資金で配当調達か…「自転車操業」と専門家
2011.09.24
      

8月に行われた「安愚楽牧場」の債権者説明会=東京都墨田区の両国国技館【拡大】

 和牛オーナー制度が行き詰まり、4000億円超の負債を抱えて破綻した畜産会社安愚楽牧場(栃木)が、遅くとも5年前には新たな出資金で既存の出資者向けの配当などを調達していた疑いが強いことが23日、財務諸表を検討した複数の専門家の指摘で分かった。

 専門家は「自転車操業状態に陥っていた」と指摘。破綻の最大の理由について、同社は昨年発生した口蹄疫や東京電力福島第1原発事故による経営悪化としていたが、ビジネスモデル自体がそれ以前に破綻していた可能性が出てきた。

 経緯を確認する同日までの取材に対し、安愚楽牧場の回答はなかった。

 和牛オーナー制度は、安愚楽が雌の繁殖牛を一頭当たり300万〜500万円程度でオーナーと呼ばれる出資者に売却し、数年後に買い戻す仕組み。飼育は安愚楽が担当し、その間に生まれた子牛を売却して、年3〜4%程度の配当が得られると宣伝していた。

 最近5年間の財務諸表によると、毎年3億〜5億円程度の当期純利益を計上しているが、資産運用に詳しい大手町会計事務所の大黒崇徳代表税理士は「本業のもうけの割合を示す数字は0・1〜0・8%。年3%以上の利益が出る事業ではなかった」との見方を示す。

 さらに(1)自己資本比率が低く資本の大半はいずれ出資者に返還する必要がある(2)現金が40億円減少する一方で固定資産が65億円増加し、資金繰りが悪い−などから「出資が増えると、それ以上のお金が必要になるビジネスモデルだった可能性が高い」と指摘している。

 大手信用調査会社の担当者も「オーナーを募集し続け、必然的に簿外債務が膨らむ構造」と分析。全国安愚楽牧場被害対策弁護団(東京)は、東日本大震災前まで35万〜50万円で推移していた繁殖牛の市場平均価格に注目し、「出資が増え続けないと成り立たない経営だった」とみている。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110924/dms1109240807001-n1.htm
(2011/9/24/zakzak)


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。