2011年09月26日

陸山会事件、石川・池田・大久保被告人に執行猶予付きの禁固判決、最も重いのは元会計責任者の大久保隆規被告人の禁錮3年執行猶予5年。

●現在小沢一郎民主党元代表の強制起訴が行われていますが、この元秘書に対する判決が有罪となってしまうと、小沢氏に対しては不利な方向には働きます。

 ただ、これを見て会計責任者が最も重い判決をいいわたしていることから、小沢氏の判決は微妙なところにきているかもしれません。あとは小沢一郎元代表がそのことについて悪意(知っていた)があったかどうかが焦点となります。






陸山会事件、石川・池田・大久保被告人に執行猶予付きの禁固判決、最も重いのは元会計責任者の大久保隆規被告人の禁錮3年執行猶予5年。

陸山会事件、石川議員ら元秘書3人に有罪判決


 民主党
 小沢一郎民主党元代表(69)の資金管理団体「陸山会」の土地取引などを巡り、政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われた同会元事務担当者・石川知裕衆院議員(38)ら元秘書3人の判決が26日午後、東京地裁であった。

 
 登石郁朗裁判長は石川被告に禁錮2年、執行猶予3年、後任の事務担当者・池田光智被告(34)に禁錮1年、執行猶予3年、元会計責任者・大久保隆規被告(50)に禁錮3年、執行猶予5年を言い渡した。

 元秘書3人は昨年2月、陸山会が2004年10月に東京都世田谷区の土地を購入した際、小沢元代表から借り入れた現金4億円を同年分の政治資金収支報告書に記載しなかったなどとして起訴された。

 公判は今年2月から始まり、検察側は7月20日、石川被告に禁錮2年、池田被告に禁錮1年、大久保被告に禁錮3年6月を求刑。一方、3人は起訴後に否認に転じ、8月22日の最終弁論で「検察の主張は空中楼閣」などと改めて無罪を主張していた。

(2011年9月26日13時32分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110926-OYT1T00627.htm



【関連する記事】
posted by 管理人B at 13:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸山会(政治資金規正法違反) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。