2011年10月04日

安愚楽牧場被害者弁護団(オーナー債権者向け、鹿児島県版)、10月8日に鹿児島市で説明会

安愚楽牧場被害のオーナー向けの被害者弁護団の説明会が10月9日に鹿児島市で説明会を開催されるとのことです。既に、安愚楽牧場預託農家被害対策弁護団(牛の預託農家のもの)は既に結成されています。
 県内からの要望があっての結成とのことです。主に情報提供と債権届けの支援(代理で届出なのかと思います)を行うということです。
 現時点ではこれがメインとなってしまうのかもしれません。訴訟となった場合は2〜3年後になるのかと思いますが、関係者を訴えるまでこぎつけられるかが、委任をするかどうかのポイントとなりそうです。

 








安愚楽牧場被害者弁護団(オーナー債権者向け、鹿児島県版)、10月8日に鹿児島市で説明会




「安愚楽」破綻 弁護団、8日鹿児島市で説明会
(2011 10/04 12:27)

 和牛オーナー制度が行き詰まり、栃木県の畜産会社「安愚楽(あぐら)牧場」が経営破綻した問題で、鹿児島県内の出資者を対象にした対策弁護団が4日発足した。説明会を8日午前10時から鹿児島市易居町の県弁護士会館で開く。
 同社は民事再生法に基づく再生手続きに入っている。弁護団は出資者への情報提供のほか債権届の提出などを支援する。全国各地で弁護団が立ち上がっており、鹿児島では9月の県弁護士会の説明会で、出席者から結成の要望が相次いでいた。
 信用調査会社などによると、県内の出資者は約370人、総額約19億5000万円。全国では約7万人、総額約4330億円に上るとみられる。
 県内では、同社から牛を預かり育てる預託農家の弁護団も発足している。
http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=35445
(2011/10/4/南日本新聞)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 16:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。