2011年10月15日

安愚楽牧場(民事再生手続き中) 預託農場問題、大分県で弁護士による説明会。

安愚楽牧場の債権届の発送もたけなわとなっているようですが、
 大分県で安愚楽牧場の預託農家を対象にした弁護士の説明会が行われたとのことです。
現実問題として、牛の委託料と飼料代が優先していかなければ、オーナー債権者も沈没してしまうことになってしまいます。
 安愚楽牧場は、刻一刻と沈みかけているので、いち早く安愚楽牧場の手から離れなれるというのが預託農場の今後の道となります。しかし、そうはいっても、預託農場自体が採算の合わない方法だといわれていますので、その部分をどうするのかというのが焦点となります。



安愚楽牧場(民事再生手続き中) 預託農場問題、大分県で弁護士による説明会。


安愚楽牧場問題で説明会
(大分県)

和牛のオーナーを募って契約金を集めていた安愚楽牧場が経営破綻した問題で県内の預託農家を対象にした弁護士による相談会が13日開かれた。弁護士によると委託料や飼料代などの債権は全額弁済が義務付けられるべきだとしている。
[ 10/14 12:04 テレビ大分]
http://news24.jp/nnn/news883729.html


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。