2011年10月20日

ユーアンド:民事再生法申請 負債17億円 /群馬〜群馬県高崎市本拠地の美容室。高級志向の店が足を引っ張る

群馬県を中心に展開している美容室(美容院)経営が民事再生法の適用を申請いたしました。
 17億円ということで結構大きな負債額になっています。

この記事の内容では、低価格を売りにしたお店と、高級志向が売りのお店の2つの種類があったとのことですが、低価格のお店は2008年に1400万円の黒字を迎えたのをピークに、高級志向のお店が売り上げが伸びすしかも設備投資も回収できないような感じとなりそれが足を引っ張って、倒産(この場合は「民事再生」だから、弁済ができなくなってしまった。もうだめなんで裁判所を盾にするしかない)という結果になりました。

 倒産というと「無くなる(清算)」としか浮かばない方が多いかと思いますが、民事再生も倒産の中の法的な処理なので倒産と呼ばれるものの、民事再生の趣旨が「お金の返済は、カットして先延ばしにしてくれ」という意味なので、従業員による営業は平常通りおこなっていておかしくありません。

 なんとか頑張って欲しいです。





ユーアンド:民事再生法申請 負債17億円 /群馬〜群馬県高崎市本拠地の美容室。高級志向の店が足を引っ張る

 民間の信用調査会社、帝国データバンク前橋支店は17日、美容室経営会社「ユーアンド」(高崎市飯塚町、従業員380人)が12日に前橋地裁高崎支部に民事再生法の適用を申請し、13日に保全命令を受けたと発表した。負債は約17億円。

 同支店によると、同社は97年3月設立。低料金の美容室「レッツ」「ユアーズ」など県内外で31店舗を経営し、ピーク時の08年2月期は約1400万円の黒字だった。

 しかし同社が近年出店した高級志向の美容室は売り上げが伸びず、借入金がふくらんで経営を圧迫。10年2月期は約9250万円の赤字に転落した。店舗は17日現在、従来通り営業しており、今後は自己再建を目指すとみられる。【喜屋武真之介】

倒産:上半期は2.1%減…資金繰り支援策が寄与
自己破産:狭山茶業者が申請…東日本大震災後初
再生法申請:不動産業「サンシティ」負債総額248億円
橋本園:狭山茶業者破綻 震災後、初めて−−負債5億円
企業倒産:負債額1000万円以上の倒産7件−−9月の県内 /山口
毎日新聞 2011年10月18日 地方版
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20111018ddlk10020131000c.html





会社名
株式会社 ユーアンド
本社住所
〒370-0069
群馬県高崎市飯塚町487 タイガービル2F
設 立
1992年3月1日
資本金
1,000万円
年 商
15億円 (2011年7月現在)
代 表
天田 房夫
藤井 弘子
店舗数
32店舗(2011年7月現在)
従業員数
280名 直営店スタッフ数(2011年7月現在)
勤務地
群馬地区(14店)
埼玉地区(4店)
長野地区(8店)
新潟地区(1店)
栃木地区(4店)
福島地区(2店)
勤務時間
10:00〜20:00
初任給・休日
高卒 月給15.5万円
専門学校卒 月給16万円
月6休(シフト制)
昇給・賞与
昇給随時
諸手当
交通費支給 歩合
皆勤・残業手当
店販手当
福利厚生
社会保険完備
美容国保
社員旅行
褒賞旅行
海外研修補助金制度
http://youand.jp/corporate.html


【関連する記事】
posted by 管理人B at 02:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。