2011年10月27日

帝国データバンク、会社更生法の弁済率に関する調査結果を発表〜JALとウィルコムは100%で林原は90%

この度帝国データバンクが、「会社更生法の弁済率」に関する調査結果を発表したとのこと。
JALとウィルコムは100%の異例の弁済となっているが、金融債権にかんしては10%を示していたので、当然完全な弁済とはいえません。
 それに対して岡山県の林原は、90%を超えるとみられており、林原こそ異例の弁済率といわれはじめています。
 






帝国データバンク、会社更生法の弁済率に関する調査結果を発表〜JALとウィルコムは100%で林原は90%

特別企画:会社更生法の弁済率調査

一般更生債権の平均弁済率は11.5%

〜 一方、JAL、ウィルコムは異例の100%弁済 〜


<はじめに>
 会社更生法を申請した元東証1部上場の武富士(2010年9月、東京都)、国内有数のバイオ企業である林原(2011年2月、岡山県)など、大型案件2社の更生計画は事前のスケジュール通りに進めば、近く裁判所の認可決定が下りる。見込弁済率3.3%(+α)の武富士に比べ、一部報道によれば、林原の弁済率は90%を超える見通しであり、弁済率を見ると対照的な結果になりそうだ。

 帝国データバンクでは、2004年1月以降に会社更生法を申請した159件のうち、2011年10月21日時点で裁判所より更生計画の認可決定を受け、一般更生債権の弁済率が判明した138件について、主な事例、弁済率分布、負債額別平均弁済率などの分析を行った。

 なお、「会社更生法の弁済率」に関する調査は2010年2月1日に続いて5回目となる。

※一般更生債権の弁済率が債権額により異なるケースでは、弁済率の最も小さい数字を平均値等の算出に使用


<調査結果(要旨)>

1.一般更生債権の弁済率が判明した138件のうち、日本航空、ウィルコムなど3件が弁済率100%となった。しかし、50%を超える高弁済率企業は138件中7件(5.1%)にとどまる

2.138件の弁済率分布を見ると、「10%未満」が98件で最も多く、全体の71.0%を占めた。過去の調査に比べて、一括弁済の定着とともに各企業の弁済率は低下傾向にある

3.138件を負債額別に見ると、負債総額が小さくなるにつれて弁済率が高くなる傾向にある。一方で、例外的に「1000億円以上」のみ、日本航空、ウィルコムの影響で弁済率高まる



※一般更生債権の弁済率が50%を超えた主な事例(表形式)および調査詳細は添付の関連資料を参照

● 関連リンク
(株)帝国データバンク ホームページ

● 関連資料
一般更生債権の弁済率が50%を超えた主な事例(表形式)
調査詳細



【関連する記事】
posted by 管理人B at 03:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。