2011年10月29日

安愚楽牧場:安愚楽牧場預託農家被害対策弁護団(鹿児島)の説明会10月30日開催〜未払い分の預託料全額回収を目指す。

安愚楽牧場の「預託農場・預託農家」に対する被害者弁護団においては、預託料の「全額」回収を目指しているとのことです。オーナーに対する安愚楽牧場被害対策弁護団は「全額」どころか「1割」もできるかどうか不明ということになっています。

 というのは、「債権の性質」が違うので、同じ安愚楽牧場の債権者(被害者)でも返済のされ方が違うことになるというのでしょうか。

 今回の記事の記載にはございませんが、過去の記事などの話によれば、民事再生前の預託料は未納となっており(民事再生後においては、支払われているということです)ます。

 よく民事再生法の手続きを開始すると、特に大企業においては、企業の手持ちの資金が多くなり一時的にでもゆとりがあるように見えてきます。安愚楽牧場は現在はその状況にあるのかもしれません。

 現実問題として、預託農場に関する未払い部分がまず先になされないと安愚楽牧場全体が沈没してしまうかと思いますが、「全額」がどう転がるか難しいところです。
 債権総額の97%を占める、オーナー債権全額放棄させるなどの事があれば可能かもしれませんが、それは酷な話となります。



安愚楽牧場:安愚楽牧場預託農家被害対策弁護団(鹿児島)の説明会10月30日開催〜未払い分の預託料全額回収を目指す。



安愚楽牧場:預託農家に対する報告・説明会 県弁護団、30日開催 /鹿児島

 和牛オーナー制度で資金を集め、民事再生法の適用を申請した「安愚楽(あぐら)牧場」について、預託農家救済のための県弁護団は30日、預託農家に対する報告・説明会を開く。

 弁護団は県内にある預託農場の代理人として安愚楽側と現在交渉中。預託農家が畜産を継続できるよう、預託料の全額回収を目指している。

 説明会では、弁護士が交渉の途中経過を報告。今後の活動方針などを説明し個別の相談も受け付ける。午後3時、鹿児島市東千石町のビジョンビル「ビジョンホール」で。問い合わせは弁護団事務局(099・225・6306)。【黒澤敬太郎】

口蹄疫:安愚楽牧場の専属獣医師を告発 宮崎の2農家
安愚楽牧場:消費者庁が調査 景品表示法違反の疑い
安愚楽牧場:獣医師を2農家が告発へ 宮崎、口蹄疫被害で
コメ作況指数:今年の普通期米、「やや良」の103予想−−鹿児島 /鹿児島
防疫演習:県内で口蹄疫発生を想定 自治体など初動の手順確認−−霧島 /鹿児島
毎日新聞 2011年10月28日 地方版
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20111028ddlk46020598000c.html
(2011/10/28毎日新聞)


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。