2011年11月02日

玄海原発4号機、発電を再開 4日には通常運転に、九州電力玄海原子力発電所

九州電力の玄海原発4号機が再開稼働したとのこと。
今年の冬も電力需要が大きくなるゆえ、原発の必要制は電力会社側ではどうしても必要ということになってきています。
 
 そもそも、原発の安全性を以前東京電力の柏崎原子力発電所(制作したのは株式会社東芝)が、震度9ぐらいの大きな地震が来ても原子炉は安全なような実験を行うと震災前に言っていたのが印象に残っています。

 しかし今回の福島第一原発の事故は、原子炉というよりは、その足元の電力送電設備が水に浸かってしまったので、どんなに原子炉の方の第二第三の安全装置を働かせているとは言っても、肝心の「電気」がなければ使えないという、なんともお粗末な結果だったので、その部分は今回の九州電力玄海発電所はしっかりとしているのかという部分が疑問のところです。

 今の日本の経済社会は「原子力発電所」に頼ってしまった仕様になってしまっているため、いち早く代替エネルギーに変え、使用電気機器も「節約型」にちからを入れ欲しいです。ただでさえ、「暮らしにくい」社会になってきているのだから、この部分は真っ先に行う事のひとつです。



2011年11月2日16時8分

玄海原発4号機、発電を再開 4日には通常運転に

九州電力原子力発電所

 九州電力は2日、玄海原子力発電所4号機(佐賀県玄海町)の発電を再開した、と発表した。同日午後3時に発電を再開し、4日には通常運転になる見込み。4号機は作業ミスで10月上旬から停止していたが、安全性が確認されたとして、1日夜に原子炉を再起動していた。12月中旬には、定期検査のため再び停止する予定だ。
http://www.asahi.com/business/update/1102/SEB201111020020.html
(asahi.com)




【関連する記事】
posted by 管理人B at 17:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年03月11日東北地方太平洋沿岸大震災情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。