2011年11月03日

提訴:税金滞納者の過払い金返還求め、宮崎市が業者を /宮崎〜返還の相手はCFJ合同会社

10月下旬なので少し前の話になりますが、
 宮崎市が税金を滞納している消費者金融の過払い金債権者の代わりに、過払い金請求の提訴をしたとのこと。
以前このような事は東京都福生市が、同じく税金を滞納している人に替わり、消費者金融のアイフルへ債権者代位という形で提訴したことが記憶に新しいですが、今後もこういった状況はおこなわれるかと思います。
 なんせ過払い金を請求するということは、普通の過払い金債権者にとってはやはり敷居が高いものと思われます。一人でやるのは到底難しいので、司法書士などの業者に頼むというやり方もあるのですが、そうなると、やはりそのための資金などを用意しなければならないので、そういったことが心理的にも資金的にも難しいのかと考えられます。
 





提訴:税金滞納者の過払い金返還求め、宮崎市が業者を /宮崎〜返還の相手はCFJ合同会社

 宮崎市は24日、貸金業者「CFJ合同会社」(東京都)を相手取り、税金滞納者が借金返済で過剰に支払った利息(過払い金)約53万円の返還を求めて宮崎簡裁に提訴した。市による同様の提訴は4例目。

 市特別滞納整理課によると、固定資産税と住民税の計約400万円を滞納した60代男性との納税交渉の中で、男性が貸金業者に対して過払い金があることが判明。合併前の旧清武町が08年に本人の過払い金の請求権を差し押さえ、業者に対して支払いを求めてきたが、返還に応じなかったため提訴を決めた。残る滞納金については、引き続き男性に支払いを求めるという。

 利息制限法(上限15〜20%)と出資法(同29・2%)の間の「グレーゾーン金利」が昨年6月の改正貸金業法完全施行で撤廃され、過払い金返還請求が相次いでいる。【川上珠実】

弁護士法違反:無職男に有罪判決 1被告は判決延期 /富山
多重債務相談会:弁護士ら無料で−−あす横須賀 /神奈川
毎日新聞 2011年10月26日 地方版
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20111026ddlk45040470000c.html


【関連する記事】
posted by 管理人B at 22:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 貸金・消費者金融・クレジット業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。