2011年11月16日

セントラルビル(ゴルフ場経営)が横浜地裁に民事再生法の適用申請、東日本大震災が追い打ち。

ゴルフ場経営のセントラルビル横浜地裁に民事再生法の適用を申請したとのこと。負債総額は62億円。ゴルフ場の経営はどこも苦しい状況ですが、この間の東日本大震災の影響が追い打ちをかけて、一気に倒産へとなってしまうケースが多々見られます。

 ゴルフ自体は、生活関連としては少し遠い存在になる業種なので、何か急迫な事情が日本に発生すると、まず先に自粛するようなこととなってしまうのは必然的となるところです。




セントラルビル(ゴルフ場経営)が横浜地裁に民事再生法の適用申請、東日本大震災が追い打ち。

セントラルビルが民事再生法を申請 
2011/11/14 19:45

 セントラルビル(ゴルフ場経営、横浜市、平林長造社長)が11日に横浜地裁に民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けたことが分かった。負債総額は約62億円。同社の「総成カントリークラブ」(千葉県成田市)が東日本大震災の影響で収益が悪化していた。
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819696E3E6E29D878DE3E6E3E3E0E2E3E38698E0E2E2E2
(2011/11/14/日本経済新聞)


セントラルビル(株)(神奈川)/ゴルフ場経営
全国倒産情報2011年11月15日 12:23  
民事再生法適用申請 負債総額 約62億8,200万円

代 表:平林 長造
所在地:神奈川県横浜市中区山下町23
設 立:1958年8月
資本金:1,000万円
売上高:(11/3)約7億5,000万円
 11月11日、同社は横浜地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は佐藤嘉記弁護士(豊島・佐藤・久保総合法律事務所、神奈川県横浜市中区太田町2-32、電話:045-641-4142)ほか1名。

 監督委員は立川正雄弁護士(立川・及川法律事務所、神奈川県横浜市中区本町1-3、電話:045-664-9115)。

 負債総額は約62億8,200万円が見込まれる。
http://www.data-max.co.jp/2011/11/15/post_16416.html
(2011/11/14/IB-netニュース)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 13:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。