2011年11月24日

東北でも武富士創業家提訴 50人、過払い金賠償求め

東北地方の武富士の過払い金債権者が約1億円の集団訴訟を仙台地裁に起こしたとのことです。
 対象(被告)は、武富士創業者の親族です。
武富士の親族は、名古屋での訴訟では、あちこち訴えられたところに出頭(代理人弁護士が出張することになっているのかと思います)するのは大変だから東京でやってくれという要求があったようですが、どうやら実現はされていないようです。

 基本的に借りた店の所在地の裁判所を管轄としているようなので、特に被告との合意した管轄の裁判所ではないということだと思います。

 この間の、管財人の更生計画案が賛成多数で通っているので、3.3%の債権者への支払いということになります。









東北でも武富士創業家提訴 50人、過払い金賠償求め〜仙台地裁
2011.11.22 17:06
 消費者金融大手「武富士」が経営破綻し、過払い金の返還を受けられなくなったとして、岩手、宮城、山形県の計約50人が22日、創業者の故武井保雄元会長の長男や妻らに計約1億円の損害賠償を求める訴訟を仙台地裁に起こした。

 原告側の弁護士によると、11月2日までに34都道府県の約2000人が計約45億円の損害賠償を求め、支部を含め全国15の裁判所に提訴している。

 訴えによると、武富士は利息制限法の上限を超える利息で過剰な貸し付けを行い、不当な取り立てを繰り返した。長男らは法定相続分に応じた損害賠償責任を負うと主張している。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111122/trl11112217060008-n1.htm
(2011/11/22/MSN産経ニュース)


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。