2011年12月05日

茶のしずく石鹸:アレルギー問題 被害救済弁護団、結成 新潟で10日説明会 /新潟〜早めの回収を行わないと倒産(法的整理により)被害賠償されないことも有。

茶のしずく問題で、被害者と言われる人が続々と賠償請求の方向へと向かっています。
ここでよく取り上げている問題の会社は「倒産(民事再生・会社更生・破産)」及び任意整理を取り上げているので、法的整理の倒産になった場合は、債権届で賄うしかないという話をしています。
 しかし、この会社に関しては、まだ健全に動いているわけですから、訴訟を起こすことも可能ということです。
でも、被害額があまりに大きくなってしまうと、焼肉酒屋えびすのように、賠償金が過多になることで会社の存続を圧迫するということになる可能性もあるので、やはり請求に関してはこういった弁護団に加入して行うべきといえるのかと思います。
 





茶のしずく石鹸:アレルギー問題 被害救済弁護団、結成 新潟で10日説明会 /新潟〜早めの回収を行わないと倒産(法的整理により)被害賠償されないことも有。


 化粧品メーカー「悠香」(福岡県)が販売した通販のヒット商品「茶のしずく石鹸(せっけん)」を使ってアレルギー症状が出る被害が全国で相次いでいる問題で、県弁護士会の有志9人が「茶のしずく石鹸被害救済新潟弁護団」を結成した。

 せっけんに小麦を加水分解した成分が配合されており、県弁護士会には「せっけんを使って小麦アレルギーになった」といった相談がこれまでに約30人から寄せられているという。弁護団では同社に対して損害賠償請求などを行う。後藤直樹弁護団長は「県内でも被害者が相当数いる。幅広く情報提供し、被害者の掘り起こしと救済に努めたい」と話す。

 10日午後4時半から、新潟市中央区の県弁護士会館で被害者に対する説明会が開かれる。問い合わせは、新潟みなと法律事務所(025・225・7220)の堀田伸吾事務局長。【川畑さおり】

新潟・夫婦自殺:トリウム所持悩む? 炉規法違反容疑で家宅捜索 /新潟
冬囲い教室:新潟の庭園で男女12人体験 /新潟
シクラメン:新潟の園芸農家が出荷、直売 十数種4000鉢そろう /新潟
カードゲームで学ぶ−−伊勢・修道小4年生69人 /三重
新潟・夫婦遺体:夫の車から放射性物質? 住民から不安の声 /新潟
毎日新聞 2011年12月2日 地方版
http://mainichi.jp/area/niigata/news/20111202ddlk15040076000c.html


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。