2011年12月15日

川面建設:自己破産を申請 負債総額10億円−−宇佐 /大分〜20年前のバブルから右肩下がりとなると、事業自体に将来性がなかったという可能性有。

大分県の建設会社である川面建設が自己破産を申し立てたとの事です。1959年に創業というので今年で52年という事になります。大分では10億の倒産は県内では5番目となっています。
 この会社の最も良かった時期が1992年という事ですから、バブルがちょうどはじけたという所になります。約20年前の事になります。そうなると、6年前頃の不動産ミニバブルというころも下火になっていたという考え方になりますから、事業の展開が負の方向に進んでいたという事になります。
 ところどころで事業の検証をされたのかどうかわかりませんが、事業自体将来性が乏しいという(外からの見方)になります。




 

川面建設:自己破産を申請 負債総額10億円−−宇佐 /大分〜20年前のバブルから右肩下がりとなると、事業自体に将来性がなかったという可能性有。

 宇佐市院内町香下の川面(かわつら)建設(川面泰三社長)が13日、大分地裁中津支部に自己破産を申し立てた。東京商工リサーチ大分支店によると、負債総額は約10億4000万円で、今年5番目の大型倒産。
1959年創業し69年に法人化。土木や造園のほか産廃処理も展開。ピーク時の92年5月期の売り上げは約23億1400万円あったが、近年は公共工事減で8億円前後だった。

合同開発:県内大手不動産会社、自己破産へ 28億6000万円の負債 /福井
トクミ電子工業:特別清算を開始 負債総額43億6600万円 /群馬
企業倒産:東北6県、11月で最少 東日本大震災の復旧特需 /岩手
中津・日田駅伝:郡市部門、大分市陸協が連覇 /大分
ユズ:冬はユズ香 皮むきピーク−−別府 /大分
毎日新聞 2011年12月14日 地方版
http://mainichi.jp/area/oita/news/20111214ddlk44020600000c.html



【関連する記事】
posted by 管理人B at 00:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。