2011年12月16日

ゆたか環境緑化(ゴルフ場運営・茨城県土浦市)、破産手続き開始決定 〜土地も借り物で明渡し、敗因は、会社を維持できるような売り上げが維持できなかった。

ゴルフ場を運営する、ゆたか環境緑化(茨城県土浦市)が破産手続き開始の決定をしたとのこと。敗因は単純に売上が伸びず、資金繰りも枯渇したので、ゴルフ場である土地の賃料も滞納などにより明渡さなければならないということで、事業は継続できないという事から、破産という決断に至ったものです。
 負債総額が414億円という最近のゴルフ場の倒産では大きな事件ですので、その影響が今後気になるところです。



ゆたか環境緑化(ゴルフ場運営・茨城県土浦市)、破産手続き開始決定 〜土地も借り物で明渡し、敗因は、会社を維持できるような売り上げが維持できなかった。

ゆたか環境緑化、破産手続き開始決定
2011/12/14 19:16

 ゴルフ場運営のゆたか環境緑化(茨城県土浦市)が7日に東京地裁から破産手続きの開始決定を受けたことが分かった。負債総額は約414億円。来場客数の減少で資金繰りが悪化、借りていたゴルフ場の明け渡しで自社による再建ができなくなったという。
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819696E3E6E29AE08DE3E6E3E0E0E2E3E38698E0E2E2E2;at=ALL
(日本経済新聞)

倒産・動向記事

2011/12/14(水) ゴルフ場経営
株式会社ゆたか環境緑化
破産手続き開始決定受ける
負債414億円
TDB企業コード:290024351
「茨城」 (株)ゆたか環境緑化(資本金3000万円、土浦市沖宿町3476、代表加藤一夫氏、従業員22名)は、12月7日に東京地裁へ自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けた。 

 破産管財人は桑島英美弁護士(東京都港区虎ノ門4-3-13、電話03-6721-3111)。 

 当社は、1997年(平成9年)月6月に設立された、ゴルフ場「ホワイトバーチカントリークラブ」の運営会社。同ゴルフ場は霞友〈かゆう〉開発(株)が開発したものであるが、当社がコースの賃貸契約を結び営業を開始した。その後、2001年7月に霞友開発(株)が東京地裁より破産宣告を受けたことで、ゴルフ場は競売により別の企業が取得、賃貸契約先を同社に切り替えて運営を継続してきた。 

 しかし、近年の不況によりゴルフ人口は減少、近隣ゴルフ場との競合もあって厳しい運営を余儀なくされていた。来場者の減少から資金繰りは悪化し、賃料支払いの遅延が発生したことから、ゴルフ場の所有企業が水戸地裁に対し明渡請求訴訟を提起して請求容認判決を取得、同判決に基づき強制執行の申立を行った。この結果、12月6日に強制執行が実施され、自社での再建は不可能となり今回の措置となった。 

 負債は約414億円で、債権者は7000名以上が見込まれる。
http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3544.html
(帝国データバンク)



【関連する記事】
posted by 管理人B at 14:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。