2011年12月17日

4500万円を貸し付け、経営難の龍神村開発公社に 田辺市〜当然倒産(民事再生・破産)すればその影響は市の財源に大きく響く。

こちらは、和歌山県田辺市龍神村の会社で財団法人である「龍神村開発公社」市が91%も出資している第三セクター。企業が今年の8月に和歌山県を大きく襲った「台風12号」の影響も加速して、経営が厳しくなったという事です。
 箱もの(宿泊施設や美術館)などを運営しているものの売上が落ち込み、足を大きく引っ張っているとの事です。
金融機関からの借り入れも1500万円もあり、運転資金も3000万円必要な事から、市ではその合計の4500万円を貸し付けるという議案が出ているということです。
 これだけの資料からだと、台風12号(甚大な影響だった台風です)という「特別損失的」なものなのか、またそれ以前から、なんらかの経営不振の要素があって、それがたまたま重なって大きく売上減となった減少なのか判断がつかないようなところですが、先にお伝えした「龍神住宅株式会社」(田辺市が3割出資している田辺市龍神村にある破産した第三セクター)の件もあるので、田辺市の経営観念も慎重に行っていかなければ、田辺市自体が倒産状態である「財政再建自治体」にまでなってしまう可能性も出てきてしまいます。
 





4500万円を貸し付け、経営難の龍神村開発公社に 田辺市〜当然倒産(民事再生・破産)すればその影響は市の財源に大きく響く。



 4500万円を貸し付け、経営難の龍神村開発公社に 田辺市
 台風12号の影響で経営が厳しくなった和歌山県田辺市龍神村の第三セクター「龍神村開発公社」(下村順司理事長)に、田辺市が4500万円を貸し付ける議案をめぐり、市議会の産業建設委員会(陸平輝昭委員長)で13日、「甘い処置ではないか」などと市の方針に厳しい意見が相次いだ。

 公社は市が91%を出資する財団法人。出資金は1千万円。2004年にオープンした宿泊施設「季楽里龍神」(龍神村龍神)や宿泊施設「林業開発センター深山荘」(同村小又川)、龍神村曼荼羅(まんだら)美術館(龍神村龍神)などを運営している。

 台風12号の発生後、季楽里龍神の宿泊客数は9月が前年同月比で22・4%、10月は同比48・1%、11月は62・8%と落ち込んでいる。

 しかし、災害関係の県の融資は中小企業ではないため受けられないことから貸し付けを決めた。貸付期間は12月〜14年度末で貸付利子は0・25%。

 貸付金の4500万円は、季楽里龍神の毎月の運転資金3千万円と、金融機関からの借入金1500万円の返済に充てるという。

 市はコスト削減などの改善計画を示し、最終的に貸し付けについて委員会の承認を得たが、「貸し付けることで経営が改善されるのか」「経営体質に問題はないのか」といった意見が続出した。

(2011年12月15日更新)
関連ニュース
龍神住宅が破産 田辺市の第三セクター(2011年12月14日)
9月は前年比80%減、台風12号の影響で 龍神と本宮の宿泊(2011年11月29日)
林業まつりにぎわう 龍神村で翔龍祭(2011年11月21日)
激甚指定で新措置、中小企業向け融資 台風被害(2011年10月7日)
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=223043
(2011/12/15/紀伊新聞 agora)



【関連する記事】
posted by 管理人B at 15:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。