2012年01月11日

波和二被告(エル・アンド・ジー;破産)、懲役18年が確定へ 「円天」元会長、上告棄却・最高裁

新宿1丁目(丸ノ内線の新宿御苑駅)の近くの大通り(靖国通り)のところの通りのビルの頂上のネオンに「エル・アンド・ジ―」という看板が目立っていたのを覚えています。たしか平成19年(2007年頃でしたか)。
 その会社は健康寝具の販売(掛け布団・敷布団)をおこなっていまして、1セットで約40万円という価格でした。健康にいいということで、知り合いから借りてみたのですが、効果は?ということでした。
 その製品は金箔貼りを布団につけているものなのですが、こういった会社がここまでやるところだという事を知りいささか複雑な気持ちです。
 さらにこの会社は「円天」という携帯のポイント式サイトを用いた「お金が実質的に減らない仕組み」という事をうたい、多くの会員を集めついにはそのシステムが破綻し、最後は企業の破産と経営陣の逮捕という結末を迎えたところの刑事事件の最高裁での判決ということです。

 結局こういったところは、最初は当然理想に燃えて、何か新しい社会的な事をやろうとしたのかもしれません。しかし経営をしていくうちに、無理が生じその穴埋めを繕うために粉飾的な販売や運営を行うことになり、最後は、ヤケクソの経営から詐欺をし始めて、捕まる迄やりとおそうというのがこういった事業の結末です。

  その運営の過程では、大きな資金を随時投じるので、こういった事に興味のある庶民が巻き込まれてしまうケースが多く、
最後は「虎の子を失う」という事の結末を迎えるのです。

 そういった事の防止の一つとして「消費者庁」というものが働いているのだと思いますが、いまひとつ、こういった詐欺商法への対策や事前防止が進まないというのが現状なのでしょうか。それを縫うように相次いでの「詐欺・投資詐欺」事件がその後も相次いでいます。

 行政の対応もしっかりしていただきたいのは勿論のことですが、最後は自分の判断になります。自分がそういった事に引っかからないよう、歴史に学び未来に向かって戒めなければなりません。




波和二被告(エル・アンド・ジー;破産)、懲役18年が確定へ 「円天」元会長、上告棄却・最高裁


波被告、懲役18年が確定へ 「円天」元会長、上告棄却

 最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は11日までに、疑似通貨「円天」を使った健康寝具販売会社エル・アンド・ジー(L&G、破産)の巨額詐欺事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の罪に問われた元会長波和二被告(78)の上告を棄却する決定をした。懲役18年とした一、二審判決が確定する。10日付。

 被告側は「詐欺の故意はなかった」と無罪を主張したが、一審東京地裁は「L&Gは被告が経営方針の全てを決定し掌握するワンマン経営。荒唐無稽な制度を次々と考案し、破綻が迫っていると認識しながら社員を出資の募集にまい進させた」と有罪判断。二審東京高裁も支持した。

2012/01/11 18:48   【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012011101001566.html



【関連する記事】
posted by 管理人B at 20:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資詐欺事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。