2012年01月12日

Jトラスト(8508)はSTOP高をマーク 「新規融資手控え、銀行向け融資保証業務に注力」報道を好材料視

Jトラストは、更生会社武富士の新たなスポンサー企業となったところです。昨年12月1日から韓国消費者金融大手のA&Pがそのスポンサーとして受け入れるための費用を作ることができなかったのでスポンサーを降りる事なりました。
 そして別のスポンサーにJトラストが選ばれたという訳です。Jトラストはこのスポンサー選定でも以前からA&P同様に名乗りを上げていたのですが、金額にも関わらず選ばれませんでした。
 どうしてだかはわかりません。恐らくJトラストは、そのほかに商工ローン大手だったロプロも受け入れているため、そういいた部分になにかあるのかなど気になるばかりです。

 そして、今回Jトラストは「武富士」の”イメージの悪い”ブランドを使用しないと発表、その影響は株式市場に顕著にあらわれているので、いかに「武富士」がイメージが悪く社会から煙たがられているかがわかります。
 






2012年1月11日15時49分

  
Jトラストは「武富士」ブランド不使用の観測で一時ストップ高

 Jトラスト(8508・大2)は前場一時ストップ高の653円(100円高)まで急伸、後場は570円(17円高)前後で小動きとなったものの、6日ぶりに一時高値を更新する相場になった。昨年12月下旬、武富士のスポンサーになったと発表。本日は、大手経済紙の報道として、武富士ブランドを使っての新規融資は行なわない方針と伝えられたことを好感する動きが広がったという。株価は、取引時間中の高値だけ長く伸びる「上ヒゲ足」になったため、目先はやや上値が重くなるとの見方が出ている。

関連記事
〈ロイター〉武富士、Jトラストを新スポンサーに選定(12/28)
http://www.asahi.com/business/stock/kabuto/TKZ201201110011.html
(2012/1/11/asahi.com)




Jトラスト(8508)はSTOP高をマーク 「新規融資手控え、銀行向け融資保証業務に注力」報道を好材料視
 
「武富士」ブランドを使った新規融資を実施しない方針で、今後は新規融資手控え、銀行向け融資保証業務に注力すると報じられたことが手掛かり材料に。大幅反発し、昨年来高値を更新している。

今後は武富士の顧客基盤を活用して提携先を広げる方針。昨年秋に約130億円だった融資保証の残高を3年後をめどに約1,000億円へと拡大することを目指すと伝わり、先行き期待感が高まっている。

大証2部のJトラスト(8508)の株価は13時52分現在、61円高の614円。
一時は653円まで上昇してSTOP高をマーク。
 http://www.kabutocho.net/news/livenews/news_detail.php?id=283613
(2011/1/11/兜町ネット)


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。