2012年01月18日

東電が企業向け料金 17%値上げへ〜50kW以上の企業が対象。結局倒産(会社更生法)処理をするべきなのか。

東京電力がついに値上げをするという発表をしました。国の認可が必要となる家庭向けの電力料金の値上げもするということですが、ひと悶着ありそうです。
 それならいっそ倒産をすればいいのかということですが、倒産すればまた大きな影響を及ぼすので、結局は倒産せずに東電の財布をはたいて足りない分は税金を間接的に投与しなければならないということです。


東電が企業向け料金 17%値上げへ〜50kW以上の企業が対象。結局倒産(会社更生法)処理をするべきなのか。

東京電力は17日、企業向けの電気料金を4月から平均で17%程度値上げすると発表しました。火力発電所向けの燃料費の増加などが理由です。今後さらに家庭向けも値上げする意向を示しています。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_14056/
(2012/1/17/テレビ東京)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 03:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年03月11日東北地方太平洋沿岸大震災情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。