2012年01月27日

遊覧飛行手がける昭和航空、大阪地裁に自己破産申請〜敗因は不況の影響と墜落事故の影響が一応尾をひく結果に。

遊覧飛行の昭和航空が自己破産の申請を大阪地裁にしたとのことです。
このような業界は生活必需関連ではないため、好不況の影響を大きく受けやすいです。さらに昨年3月11日の東日本大震災の影響は地域は違えど、その余波も当然あるため、同社が平成19年に起こったセスナ機墜落がなかったとしても、そういった影響での回避はできなかったものと推察されます。
 やはり少しずつの営業内容の転換も必要ではなかったかと思います。








遊覧飛行手がける昭和航空、大阪地裁に自己破産申請〜敗因は不況の影響と墜落事故の影響が一応尾をひく結果に。


遊覧飛行手がける昭和航空、自己破産
2012.1.26 18:14
 大阪・八尾空港を拠点に遊覧飛行を手がける昭和航空(大阪府八尾市)が25日に大阪地裁に自己破産を申請していたことが、26日に分かった。民間信用調査会社、帝国データバンクによると、負債額は2億円とみられる。

 同社は昭和43年に設立。企業向けに航空測量や航空写真撮影、個人向けに貸し切り遊覧飛行などを手がけていた。平成19年11月に発生した同社セスナ機の墜落事故でイメージが悪化し、売り上げが減少。ピーク時の10年9月期に2億5千万円あった売上高が、23年9月期には1億1千万円に半減。燃油価格上昇で採算も悪化し、資金繰りに行き詰まった。



関連ニュース
人気テレビ番組「SASUKE」の制作会社が自己破産 負債35億6600万円
振興銀の取引企業が自己破産 6社目の関連破綻
H&M研究所が破産 負債100億円超か
CD店のWAVEが破産へ 市場縮小で、負債24億
室町期に創業、541年…九州最古の企業が破産へ 負債1.2億円
「ちゃんこダイニング若」が破産 負債4億5千万円
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120126/biz12012618150029-n1.htm
(2012/1/26/MSN産経新聞)
【関連する記事】
posted by 管理人B at 13:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場