2012年02月06日

<EMeye>ハンガリー国営マレブ航空、66年の歴史に幕を下ろす〜しかし国策企業であるため日本航空のような倒産処理(破産ではなく会社更生法)のようなもので再生へ

ハンガリー国営であるマレブ・ハンガリー航空が先週つまり2月の1日がある州に全便運航停止をして、会社の営業を終えたという話です。

 その理由は簡単に言うと「採算が合わない」という事です。
日本では、日本航空が借金がかさみ倒産「会社更生法の適用申請」をして、会社更生手続きにはいったわけですが、国策の企業でもあるため、債権者には全額弁済することができました。この倒産劇で泣いた人は「株主」という事になります。

 一方のハンガリーのマレブ航空は、今後どうするかというとハンガリー政府が「戦略的重要な企業」⇒つまり「国策企業」ということで、国が経営再建の支援をするということです。


  つまり別の日本流に当てはめてみると、ハンガリー航空は、日本航空と同様、重要な企業であるため国が前面的に支援しつまり「会社更生法」ということで行い、他の企業に譲り受けてくれるところがあればそこへ引き継ぐということです。
 恐らく債権者に対しても全額程の弁済をかんがえているものと思います。




<EMeye>ハンガリー国営マレブ航空、66年の歴史に幕を下ろす〜しかし国策企業であるため日本航空のような倒産処理(破産ではなく会社更生法)のようなもので再生へ

2012/02/06 12:14

 経営難に陥っているハンガリー国営航空大手マレブ・ハンガリー航空は前週末、全便の運行を停止し、66年の歴史に幕を下ろした。同社のロラント・リンバーガーCEO(最高経営責任者)は、EC(欧州委員会)が先月初め、ハンガリー政府が同航空の救済のため、過去に実施した金融支援の全額返済を決めたことから、今後の運転資金調達のメドがつかなくなり事業継続を断念し、全便の運行を停止したとしている。

 これより先、同CEOは1月30日に開かれた役員会で、事業継続に必要な運転資金の調達が1月31日以降、困難になるとの見通しを明らかにしていた。ECは1月9日、ハンガリー政府に対し07−10年に同航空に対して実施した金融支援は、マレブ・ハンガリー航空が経営再建の可能性を示すことができなかったにもかかわらず、同航空にとってかなり有利な条件で支援が実施されたのはEU(欧州連合)法に違反するとの判断を示し、4カ月以内に1億3000万ユーロ(約131億円)の金融支援を回収するよう命じている。

 一方、ハンガリー政府は1月30日付で、マレブ・ハンガリー航空の破産を回避し、事業存続を可能にするため、同社を同国の破産・清算手続き法に規定された「戦略的に重要な企業」に認定する政令を発布している。この政令の発布によって、同社の債権者は債権回収のために一方的に破産法の適用を申請させて同社の財産を処分するといったことができなくなる。同国の破産・清算手続き法では、経営難に陥った企業の債務整理や経営再建のためのリストラが国益に合致すると判断された場合、政府に対し戦略的に重要な企業と認定することができる権限を与えている。

 戦略的重要企業に認定されたことにより、同社は破たん後も財産が保全され、事業存続のため、他社に身売りすることは国益と合致すると判断されることになったが、同航空の今後の行方については明らかになっていない。
http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=631278
(2012/2/6/モーニングスター)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 15:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。