2012年02月10日

佐渡の喜八屋旅館破産 新潟〜敗因は観光客の減少による売り上げ減

新潟県の佐渡(佐渡島)にある老舗の喜八屋旅館が破産申請及び破産手続き開始決定の運びとなりました。
敗因としてはやはり観光客減による売り上げ減少というところです。
 しかも江戸時代後期に創業したわけですから今のオーナーは過去の隠匿をもって栄華しているため、悔やんでも悔やみきれないかと思います。
 



佐渡の喜八屋旅館破産 新潟〜敗因は観光客の減少による売り上げ減
2012.2.10 02:07
 佐渡市の老舗旅館「喜八屋旅館」が観光客の減少から資金繰りに行き詰まり、新潟地方裁判所佐渡支部に破産申請し、1月25日付で同支部から破産手続き開始決定を受けたことが分かった。負債総額は約5億6千万円に上る。

 民間信用調査会社、東京商工リサーチ新潟支店などによると、喜八屋旅館は江戸時代後期に創業した老舗の旅館で、昭和31(1956)年にホテル経営にも乗りだし、平成7年12月期には1億6500万円の売り上げを計上していた。しかし、長引く不況や佐渡島への観光客減少などで業績不振に陥り、最近の売上高は4千万円程度に落ち込み、昨年4月からは営業していなかった。同旅館の木造の旧館などは国指定の有形文化財に登録されている。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/120210/ngt12021002070000-n1.htm
(2012/2/10/MSN産経新聞)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 02:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。