2012年02月11日

映画『沈黙の戦艦』『ハートブルー』で知られるゲイリー・ビューシイ、自己破産を申請

外国人の外国での個人破産と日本での日本人の個人破産とは法律上の規定が違うので当然破産で守られる部分と制限される部分は違いが当然はります。
 しかし、破産というのは債務が多くなりどうしようもなくなったので、それを無くし、再スタートを図ろうという目的であるものです。またその中には自分から債務を認めて破産を申し立てて法律の保護を求める「自己破産」と、債権者が債権を取り戻すことができず、さらに返済されるの見込みがたたないということで、に法律の力を借りて債権者の保護を求める「債権者破産」というものがありますが、どちらも「破産手続き開始」となれば、行われることはどちらも同じになります。要は破産する(させる)のにその資金をどこが(自己破産の場合は債務者が、債権者破産の場合は債権者が)負担するかの違いによるというものです。
 
 今回ゲイリー氏の破産は自己破産ということなので、自分から申立をしたという事になります。約3800万円の借金から資産が380万円という1割の資産しかないということです。

 実際の本当の理由は分かりませんが、金銭的にだらしがないというのが報じられている理由だそうです。



映画『沈黙の戦艦』『ハートブルー』で知られるゲイリー・ビューシイ、自己破産を申請

ゲイリー・ビューシイ、自己破産を申請

2012年2月10日 10時57分

自己破産を申請したゲイリー・ビューシイ - Todd Williamson / WireImage / Getty Images
 画像拡大

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 映画『沈黙の戦艦』『ハートブルー』で知られるゲイリー・ビューシイが50万ドル(約3,800万円)の借金を背負い、自己破産を申請した。

 ゲイリーが裁判所に提出した書類によると、彼の総資産額は5万ドル(約380万円)に満たず、現在、税務署、UCLAメディカル・センター、銀行や弁護士などを含む複数の相手に借金をしているとTMZは報じている。

 最もセクシーじゃない男に選ばれたことのあるゲイリーは、2008年には5万ドルの家賃を滞納して家主から家を追い出されたこともあり、もともとお金にはルーズなよう。2010年には恋人ステファニー・サンプソンとの間に男児が誕生したが、この子が昨年4月に入院したと報じられており、自分だけでなく子どものための出費もかさんでいたようだ。

 また、11月には空港で女性を押しのけて転ばせたとして、この女性から訴えられており、賠償金を求められている。(澤田理沙)
http://www.cinematoday.jp/page/N0039244
(2012/2/10シネマトゥデイ)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。