2012年02月20日

ガソリンスタンド経営などの大儀物産(青森県藤崎町)が破産申請へ

ガソリンスタンド経営などの大儀物産が破産手続きの申請をしたとのことです。
最近のガソリンスタンドの経営は円高などの輸入に関する恩恵は受けるものの、最近の原発事故の燃料に代替する原油需要の影響もあり、価格が不安定でかつ収益も不安定なスタンドも多くなっています。
 そのため、ガソリンスタンドの立地などの特有の得意分野を活かして、建設資材の販売やファーストフードとのコラボレーションで「ガソリンを入れるついでに一息ついて」という相乗効果を狙うようなことも多くみられます。

 一旦負債を身の丈以上に抱え込んでしうと、もうどうにもならないことが多く、やはり事業の見通しと借金の返済がつかないのなら「破産」しかないのが現状です。






ガソリンスタンド経営などの大儀物産(青森県藤崎町)が破産申請へ

大儀物産(藤崎)が破産申請へ
 

 建設資材販売、ガソリンスタンド経営の「大儀物産」(藤崎町、幸田義弘社長)は20日までに事業を停止し、破産申請の準備に入った。信用調査会社の東京商工リサーチ青森支店、帝国データバンク青森支店によると、負債額は現段階で約3億円。申立代理人は中林裕雄弁護士(弘前市)。事業停止は19日付。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2012/20120220131010.asp
(2012/2/20/東奥日報)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 16:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。