2012年02月23日

安愚楽牧場の子会社「レストラン安愚楽北霧島」が破産〜事件の解明にはやはり債権届は必要。安愚楽牧場本体との金銭の出入りを解明。

安愚楽牧場の子会社で「レストラン安愚楽北霧島」ということろが、東京地裁から破産手続き開始決定を受けたということです。
私ごとでは、安愚楽牧場本体とレストラン安愚楽北霧島との関係が100%子会社なのかどうかは、わかりませんが、安愚楽牧場本体の破産で即座に連鎖しての破産ではないということは、安愚楽牧場の他に何らかの資本がはいっているのかどうか。その部分は後でわかるのかと思います(もちろん出資した人やその関係の方は知っているのかと思いますが)。

 ここで気になるのは、「宮崎県小林市」がどれだけ安愚楽牧場とコラボレーションを組んでいたかで、小林市の身の出し方(つまり税金を何らかの形で安愚楽牧場のレストランに投入していたのかどうか)がどうなっているのかということです。

 最近「第三セクター」で行っているところの経営破綻が多くみられますが、その際に最後に責任をかぶってしまうのは、市区町村自治体でしかもそのお金は市民からの血税となっています。

 さて、気になる安愚楽牧場の和牛オーナーは、どうすればいいのかというと、やはり「破産」をしたら⇒「債権届」という事になりますので、やる気のある人は、安愚楽牧場の子会社の「レストラン安愚楽北霧島」の破産管財人に「破産届用紙」を請求して、自分の権利(主張)をすることが必要かと思います。安愚楽牧場被害者弁護団(安愚楽牧場被害対策弁護団や安愚楽牧場被害対策預託弁護団など)の代理人に委任していれば、そのままここにも債権届を出すものと思いますので、その点はその指示に従えばよいかと思います。

 恐らく、この「債権届」が認められるとすると、誰が破産管財人になっているのかはわかりませんが、和牛オーナーの債権に関することは安愚楽牧場本体の破産管財人である「渡邉顕弁護士」のみとなるのだと推察されます。

 それでも、権利を主張したり、最終的な隠し財産などを探しあてるためには、確率が低くても「債権届」を出すことが必要です。どこの代理人に依頼していない個人の出資者(和牛オーナー)は破産管財人に「債権届用紙」を請求して、債権届を出しましょう。

 





安愚楽牧場の子会社「レストラン安愚楽北霧島」が破産〜事件の解明にはやはり債権届は必要。安愚楽牧場本体との金銭の出入りを解明。




安愚楽牧場の子会社レストランが破産

 和牛オーナー制度が行き詰まり、破綻した畜産会社「安愚楽(あぐら)牧場」(栃木県)の子会社で、宮崎県小林市のレジャー施設内でレストランを経営していた「レストラン安愚楽北霧島」(同市)が、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けたことが23日、分かった。

 破産管財人によると、負債総額は約6億3千万円。決定は15日付。

 帝国データバンクによると、設立は1994年で、小林市と安愚楽牧場が第三セクター方式で出資する「コスモス牧場」内でレストランを経営。安愚楽牧場の破綻後、店舗を閉鎖していた。(共同)

 [2012年2月23日20時10分]
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20120223-908032.html


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。