2012年03月03日

専修大、労災保険で療養中の職員解雇 労基署(労働基準監督署)是正勧告に従わず、解雇確認を求め東京地裁へ提訴。

専修大学(東京都千代田区)が労災(使用者が必ず加入しなければならない「労働災害保険」、つまり、専修大学での勤務中によることで傷病が発生したことによるもの)で休職している職員を解雇したということで、労働基準監督署から「やめるように」としてきされたので、専修大学があらためて、労働基準監督署の処分の不服をもうしたてるため「東京地裁」に提訴したということです。
 自動車の保険にも「自賠責保険(強制保険)」と任意保険がありますが、こういった世界にも健康保険(強制保険)・労災保険(強制保険)があり生命保険(任意保険)・損害保険(任意保険)があり、怪我や病気の時のためのものとなります。

 労災に関しては、約3年間でしたか、その間での職員の解雇を禁じています。また解雇に関しては色々なルールがあり、理由もなく解雇することは当然のこと、女性の出産前後においての解雇も禁じています。

 しかし、この本文だけでは事実関係がわからないのですが、この職員は「首や腕」に痛みが生じるということが、勤務となにか因果関係があるのか気になるところです。「健康保険」の件なのではないかとも思えます。
 これだけみると「労災」?といいたいのですが、もう少しほりさげてみるとやはり「労災」と関係があるのかもしれません。






専修大、労災保険で療養中の職員解雇 労基署(労働基準監督署)是正勧告に従わず、解雇確認を求め東京地裁へ提訴。



専修大、労災で療養中の職員解雇 労基署是正勧告に従わず

 専修大(東京)が労災で療養中の男性職員(37)を昨年10月に解雇したのは不当だとして、中央労働基準監督署が同11月に是正勧告をしていたことが3日、関係者への取材で分かった。

 労働基準法は労災で療養中の労働者の解雇を原則として禁じている。専修大は勧告に従わず、今年1月には男性との間に雇用契約がないことの確認を求め東京地裁に提訴した。

 専修大は「事実関係などについては、裁判の中で明らかにする」としている。

 大学側の訴状などによると、男性は2002年ごろから首や腕に痛みが生じ、医師に「頸肩腕症候群」と診断されて休職。その後、いったん復職して再び休職した。

2012/03/03 17:10   【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012030301001459.html


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。