2012年03月05日

北海道釧路市のウオシンフーズ、破産手続き開始決定〜敗因はリーマンショック以降の秋鮭不漁での売上激減

北海道釧路市のウオシンフーズ(水産加工会社で民事再生手続き中だった)がこの度釧路地裁に自己破産を申請し、3月1日に破産手続き開始決定を受けました。敗因は水産加工で扱っている、鮭がリーマンショックと言われる2008年以降はとれなくなり、その連動で売り上げも激減したことが大きな理由です。そして、民事再生法の適用を申請してスポンサーからの支援を得るも、漁では水揚げ量が以前として改善されないままだったので、とうとう自己破産という事にいったったということです。
 水産加工会社が近頃倒産する例は少なくないのですが、倒産する要因として、昨年3月11日の「東日本大震災」が端を発していることが殆どだったことに対し、今回の倒産(破産)の件は、その要因があまり関係してないというのが特徴です。
 ですから、もしかしたら「天地変動(地震)」の前触れで、たまたまリーマンショックの2008年頃から、鮭などが日本近海に寄りつかないような環境になってしまったのかという事も充分に考えれます。
 





北海道釧路市のウオシンフーズ、破産手続き開始決定〜敗因はリーマンショック以降の秋鮭不漁での売上激減


釧路のウオシンフーズ、破産手続き開始決定

 水産加工会社「ウオシンフーズ」(北海道釧路市)は釧路地裁に自己破産を申請し、破産手続き開始の決定を受けた。決定は1日付。帝国データバンク釧路支店によると、負債総額は14億590万円に上る。

 同社は1999年創業。主にイクラなど魚卵の加工品を手掛け、2008年7月期に年売上高約25億2500万円を計上した。08年の秋サケ不漁などで売り上げが急減し、09年11月に同地裁に民事再生法の適用を申請。再生手続きの開始決定を受けて再建に乗り出していたが、10、11年も秋サケ不漁に見舞われ、スポンサーの支援が打ち切られた。

(2012年3月5日  読売新聞)
関連記事・情報
Powered by popIn
【北海道発】札幌の坂本建設、破産手続き開始(2月28日)
【社会】「辻学園」系料理教室、破産手続き開始決定(2月24日 13:57)
【経済ニュース】震災関連の倒産510件、阪神大震災の3倍(1月5日 19:59)
【福島原発】安愚楽牧場が再生法申請…和牛オーナー7万人 (2011年8月10日 12:8)
【企画・連載】釧路の弁護士着服疑惑 5600万円どこへ (2011年6月18日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20120305-OYT8T00691.htm


【関連する記事】
posted by 管理人B at 16:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。