2012年03月07日

オセロ中島の家賃滞納、本木が提訴取り下げも〜訴訟もその向こうの破産も回避だが、同様に同じ仕打ち(それ以上)を受けているのは「家賃保証会社」

オセロ中島を救出?できたということで、関係者は一安心といったところです。
ところで、オセロ中島が滞納していた借家は、渋谷区での個人事務所とその向かいにある、住居です。先に判決が行われ、催告も受けた
 家主である本木雅弘(元シブガキ隊のモッくん)が訴えた裁判は取り下げされるという事なのですが、この物件の貸借の経緯内容は次のようになっているのかと思います。

  縁故の関係もあるから実際に下記のような内容とは言えないのですが、一般的には次のようになっているのだと考えられます。
 オセロ中島が本木雅弘が家主である物件を借りるときは、月家賃65万円なので、前家賃1か月と敷金が2か月・礼金が2か月と、仲介手数料が1.05か月(消費税込み)だから、
 入居の時はここまでの合計で6.05かとなるので、65万円×6.05か月=393万円 が入居に必要です。

 さらに、賃借をするときは連帯保証人を立てるのが普通なのですが報道などではこの物件の賃借には「保証会社」がかかわっているので、65万円×0.525か月(消費税込み)=34.125ヶ月(0.5か月)の初年度の保証料となります。保証会社によってはこの費用が毎年月家賃の1.5%をクレジットカードの中から差し引くというやり方もあるのですが、ここではとりあえずこのようになっているとみなしています。


 そうなると、家賃滞納した時の「担保」となっている敷金は2か月分なので、6カ月の滞納ということであれば4カ月はマイナスになります。

 しかし、通常家賃保証会社では、その月に家賃が支払われなかったときは翌月の5日とか10日までに保証会社にその旨を連絡することによって、その月の家賃は保証(代位弁済)され、全額(65万円)が家主に支払われます。
 これを何回も繰り返して、保証契約では、最長48カ月(つまり12ヵ月×4年)まで行われます。家主にとっては非常に強い味方です。
 ですから、滞納を始めて4年間は家主においてはあまり痛くはありません。
その家賃を支払うのは、「保証会社」だからです。

 こういった事案(滞納して訴訟迄至るケース)は1000件に1件の割合ともいわれるように、全保証契約のうちでも、0.1%といわれるのでしょうか、その位の割合だと見られています。
 そうは言っても、これを48か月迄支払っていたら、家賃保証会社の経営は危なくなります。

 そこで、保証会社は、1か月滞納で呼びかけ、2か月滞納で訪問、3か月滞納で「追い出し行為」というアクションを起こします。それには家主のお墨付きが必要です。

 今回の場合は、6か月も滞納しているということですから、滞納費用を捻出している保証会社としては、いち早く追い出し行為に移したいというのが心情です。その結果、保証会社から本木雅弘家主に対して、家賃の弁済と退去を求める訴訟を仕向けたという訳です。
 その追い出す「訴訟費用・代理人弁護士費用・強制退去に伴う荷物の搬出作業費用など」も保証会社の負担です。

 したがって、本木雅弘家主の訴訟は保証会社の背中押しで起こしたと思われますが、取り下げは逆に「本木雅弘家主」の意向を踏まえたものだと思います。

 オセロ中島の所属の松竹芸能が肩代わりするという話らしいので、この「家賃滞納」の問題はひと段落つくのかと思います。




オセロ中島の家賃滞納、本木が提訴取り下げも〜訴訟もその向こうの破産も回避だが、同様に同じ仕打ち(それ以上)を受けているのは「家賃保証会社」



オセロ中島の家賃滞納、本木が提訴取り下げも

【拡大写真はコチラ】
 騒動の渦中にあるオセロの中島知子
 オセロ・中島知子(40)が、都内マンションの家賃を滞納している問題で、提訴している貸主で俳優の本木雅弘(46)が6日、中島が保護されたのを受けて、マスコミ各社にFAXでコメントを発表し、提訴取り下げを示唆した。自称占い師の女性のマインドコントロール下にあったとされる中島に対し、「経過次第では訴訟の取り下げも可能」としている。本木とエッセイストの内田也哉子(36)夫妻は、家賃65万円の6カ月分390万円が未払いとして、2月10日に東京地裁に提訴していた。

 沈黙を保っていた貸主の本木が、矛を収める意思を明らかにした。本木は報道各社にあてた文書で、「今後の経過次第では、訴訟の取り下げも可能と伺いましたので、流れを静かに見守り、平穏に収まることを望んでおります」とコメント。今回の騒動の早期収拾を願った。

 5日には中島が所属する松竹芸能が、28日に敗訴した個人事務所の家賃滞納分については、松竹が弁済し「速やかに、自主的に退去」することを明らかにしており、本木が提訴している自宅マンションの家賃滞納分も、同様の対応が見込め、提訴取り下げの可能性は高いと見られる。

 本木は、当初から提訴には前向きではなかった。先月14日に義母で女優の樹木希林(69)も、「本木さんは嫌がってましたね、法律で人を追いつめるのは。でも大家がハンコを押さないと、裁判できないので…」と苦渋の選択をした胸中を代弁。

 今回の騒動に胸を痛めていた本木は、「ひとまず、中島さんの命があった事に、ほっとしています」とし、自称女性占い師との共同生活に、命の危険をも心配していた様子。さらに中島が無事に保護された報告を28日に受けたことを明かし、「その後の進行に配慮して、謹んでおりました」と推移を見守るために発言を控えていた。

 文面の最後には「この先、わずかでも良い報告が届くことを深く願います」と結び、“大家”として“芸能界の先輩”として細やかな心遣いをのぞかせていた。

(2012年3月7日)
http://www.daily.co.jp/gossip/article/2012/03/07/0004864579.shtml
(2012/3/7/デイリースポーツ)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 21:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 賃貸保証・滞納家賃保証業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。