2012年03月14日

ヘルシーパースンが自己破産申請 山形の建築工事会社〜建築工法での急成長で足元が固まっていなかった事が敗因の原因

山形県の建築工事会社のヘルシーパ―スンが破産手続き開始決定を受けたとの事です。
会社としては建築工法に強みがあり、それを活かした住宅建築となり、さらにそれを販売するという、建築と不動産会社(自社建築物件)を販売するという独立した「トータルサプライヤー」(最初から最後まで会社が関わること)の企業です。

 しかし、特許やその他建築工法など技術的な部分で成長している企業は少なくありませんが、その過程は「急成長」という恩恵を受けます。しかし、当ブログでも述べてきているように「急成長」する会社は「急反落」⇒倒産というケースも多くみられます。
 そのため、「急成長」する会社は、足元がしっかりしていないことが多く、成長しているからと言って天狗やあぐらをかいていていは当然イケません。
 急成長してる中では、急反落しないで、より安定した運営ができるように、回りをしっかりと固めていかなくてはなりません。
 建築工法での急成長で足元が固まっていなかった事が敗因の原因と考察しています。



ヘルシーパースンが自己破産申請 山形の建築工事会社〜建築工法での急成長で足元が固まっていなかった事が敗因の原因

ヘルシーパースンが自己破産申請 山形の建築工事会社

2012年03月14日 08:52
 東京商工リサーチ山形支店によると、建築工事のヘルシーパースン(山形市、森谷九二昭社長)は13日までに、山形地裁に自己破産を申請し手続き開始決定を受けた。負債総額は2億1000万円に上る見込み。

 設計事務所の建築施工部門として発足し1994年に法人化した。三層ガラスや計画換気システムを取り入れた工法による住宅建築を手掛け、98年3月期には5億9700万円の売り上げを計上。だが景気低迷によって減収傾向が続き2010年3月期には1億4300万円まで落ち込んだ。受注回復のめども立たないことから破産を申請した。
用語解説:
東京商工リサーチ  自己破産

http://yamagata-np.jp/news/201203/14/kj_2012031400439.php
(2012/3/13/山形新聞)




(以下会社のホームページの会社概要になります)
株式会社ヘルシーパ―スン
当社の特徴
1. 私たちは、自然環境を大切に、より健康的な家づくりを目指します。
2. 四季を通じ、家中が快適な温度を保ち、自然と共に呼吸する総天然木の構造が自慢です。
3. お客様のニーズにお答えし、一緒に考え提案する自由設計を尊重します。

名称 株式会社 ヘルシーパースン
代表者 代表取締役社長 森谷 九ニ昭
本社所在地 山形県山形市薬師町2丁目6番17号
電話番号
TEL.023(631)-3100(代)

FAX番号
FAX.023(631)-3663

メールアドレス healthyp@ruby.ocn.ne.jp
設立 平成6年7月7日
資本金 1千万円
業種 建設業 山形県知事許可(般ー19)山形第100090号
宅建業 山形県知事許可 山形(3)第2014号
取扱業務 1.注文住宅、増改築、設計施工管理、その他附帯業務全般
2.不動産売買、仲介、賃貸業
取扱工法 SW(エスウッド)工法、スウェーデン住宅、木造軸組在来工法2×4、RC工法、その他
所得認定 建設省「木造住宅合理化システム認定」「高耐久性能認定」
(財)住宅、建設省エネルギー機構「高気密B評定」
住宅金融公庫、省エネルギー基準適合  東北電力推進・オール電化住宅
http://healthy-person.com/company.html
(2012/3/14/株式会社ヘルシーパ―スンのHP)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 16:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(その他不動産会社) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。