2012年03月15日

破産管財人が水戸ニュータウン一部放棄 茨城県住宅供給公社(破産)、手元現金18・5億円、回収率は現在4.2%

茨城県において県住宅供給公社の債権者集会(第4回)が3月15日の今日水戸地方裁判所で行われました。

 負債総額が523億円で、現時点での回収額が22億円ですので
回収率は約4.2%となります。

 破産でもあまり回収がよくない部類に入るのでしょうか。そんなところです。
しかし、この大口の債権者はやはり茨城県になるのかとおもいますが、最終的には税金である程度補填されてしまうのでしょう。




破産管財人が水戸ニュータウン一部放棄 茨城県住宅供給公社(破産)、手元現金18・5億円、回収率は現在4.2%

2012年3月15日(木)

水戸ニュータウン一部放棄 県公社、手元現金18・5億円
総額約523億円の負債を抱えて経営破綻し、破産手続き中の県住宅供給公社の第4回債権者集会が14日、水戸地裁で開かれ、破産管財人が資産回収状況を報告した。出席者によると、昨年11月以降に大貫台団地(大洗町、66ヘクタール)などを売却して約5億円を回収し、これまでの回収総額は約22億円。税金など支出を差し引き、手元の現金は18億5100万円という。また、管財人は水戸ニュータウン(NT、水戸市)の一部を、裁判所の許可を得て放棄したことを明らかにしたという。

水戸NTは未造成約95ヘクタールを含め、破産申請時の面積112ヘクタール。売却が進まない上、住宅金融支援機構が抵当権を設定しており、仮に買い手が見つかっても資産回収に貢献がないことなどから、放棄を決めたとみられる。

県は「清算人に引き継がれても公社と機構が協力して処分を進める構図に変更ない」としている。

集会では配当や破産終結の見通しについての説明はなかったという。次回は7月11日。

用語解説:
住宅供給公社  ニュータウン  住宅金融支援機構


関連記事by weblio
水戸市議選買収 木本市議、関与否定「現金提供ない」
水戸線27日ぶり再開 平常の7割運行
水戸・水府橋と水郡線橋梁の関連工事延期
水戸市議選買収 処分保留男性に容疑者現金渡す
協同病院付近でがけ崩れの恐れ 水戸、58人避難
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13317323149401
(2012/3/15/茨城新聞)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 16:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(その他不動産会社) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。