2012年03月17日

東京エレクトロンが170億円で米社買収〜エルピ―ダメモリ(倒産;会社更生4600億負債)のスポンサーは無理なのか。

半導体装置を手がける「東京エレクトロン」が同業のアメリカの会社を買収したとの事です。買収金額は170億円というので、
それなりの東京エレクトロンの経営能力は認めますが、やはりエルピ―ダメモリのスポンサーになるには程遠いという事になります。
 もともと「東京エレクトロン」という会社は、現在でも東京都港区赤坂が本社となっていますが、東京放送(テレビのTBS)が母体となって社屋から創業したのは、その筋では有名な話です。
 当初は販売をメインに行っていた「専門商社」という属性だったのですが、規模が大きくなると必然的に「技術部隊」が備わる形となり、必然的に「自社商品」を築き上げる所まで来たので、メーカーという立場になりました。
 なんとか今の日本の苦境をこの分野でも乗り切ってもらいたいものです。




東京エレクトロンが170億円で米社買収〜エルピ―ダメモリ(倒産;会社更生4600億負債)のスポンサーは無理なのか。


東京エレクトロンが170億円で米社買収
2012.3.16 22:07
 東京エレクトロンは16日、半導体製造装置の開発・生産を行う米ネックス・システムズ(マサチューセッツ州)を買収することで同社と合意した、と発表した。取得額は2億600万ドル(約171億円)。4月後半の買収完了を目指す。

 米ネックス・システムズは2001年設立で、2011年12月期の売上高は7650万ドル(約63億円)。スマートフォン(高機能携帯電話)やタブレット型多機能端末に使う半導体の製造装置を手掛けており、今後の成長が見込めると判断した。 買収後は社名を「テル ネックス」に変更する。主な経営陣は残し、昨年末時点で139人いる従業員の雇用も維持する方針。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120316/biz12031622070040-n1.htm
(2012/3/16/MSN産経ニュース)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 01:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業再編・M&A・異動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。