2012年03月26日

フィルム映写機の最大手(日本電子光学工業;民事再生手続中)が破産へ デジタル化に勝てず〜でも、先が見えていなかったのか。

フィルム映写機(つまり8mmカメラや16mm 35mmといった動画の映写機)の最大手の日本電子工学工業が、民事再生手続きを廃止し、破産へと向かう事になりました。
 今までは「民事再生」という枠組みで大変苦しいですが長期の返済計画や債務の減免などに甘えてなんとか継続をはかっていましたが、とうとうネをあげてしまい、破産(事業の清算)の道を選んだということです。
 
 アナログのフィルムと言えば世界的に有名なのはkodak(イーストマンコダック〜連邦破産法第11条という日本では民事再生法に相当)と日本の企業である富士フイルムの2つになりますが、こちらの方も富士フイルムが早期にデジタル化への転換をはかったのでデジタルの世界でも順調に活躍をしていますが、一方のコダックは、デジタルカメラの特許まで取得しておきながら、なぜかアナログの方にも力をいれていたためそれに足をすくわれてしまったのだと思います。

 しかし、かつての昭和の時代は「アナログカメラ」で多くの写真や動画を残しているため、時代がここまで来るとその時の多くの映像などは劣化しているに違いありません。
 しかも今後も保存維持するとなると、デジタルでの保存、いうなれば「A/D変換」(アナログからデジタルに変換すること)の機械が必要となってきます。そんな中でアナログを今後も継続するよりは、このアナログからデジタルへ変換するといったこういうインターフェースを重視する方が重要なのではないかと思います。
 
日本光学工業株式会社 
〒170-0013  東京都豊島区東池袋3-2-4 共永ビル3F



フィルム映写機の最大手(日本電子光学工業;民事再生手続中)が破産へ デジタル化に勝てず〜でも、先が見えていなかったのか。


フィルム映写機の最大手が破産 デジタル化に勝てず

 映画館向けのフィルム映写機で国内最大手だった日本電子光学工業(東京都豊島区)が、東京地裁から破産開始決定を受けたことが26日わかった。負債総額は約1億4800万円。東京商工リサーチによると、デジタル式映写機の普及で業績が低迷していたという。

 開始決定は16日。日本電子光学工業は「シネフォワード」のブランド名で1960年代から映写機を製造・販売してきた。設置台数で国内トップだったが、映画業界全体の不振が響いて2001年に民事再生法の適用を申請し、営業を続けながら借金を返していた。

 ここ数年は映画配給のデジタル化が進み、フィルム映写機の需要が急激に減った。業績の回復が見込めなくなり、事業を続けられないと判断。破産管財人によると、保守点検や部品販売を含め、事業は打ち切られる可能性が高いという。
http://www.asahi.com/showbiz/movie/TKY201203260499.html
(2012/3/26/asahi.com)

(参考)
日本電子光学工業 株式会社

〒170-0013  東京都豊島区東池袋3-2-4 共永ビル3F  
TEL:03-3590-1821   FAX:03-3590-1860 
www.cineforward.co.jp
ndk@cineforward.co.jp
【設立年】1965年   【資本金】13,000,000円   【従業員数】20人
【総売上】720,000,000円   【光概算売上】70,000,000円
【代表取締役】 高橋 秀雄

【分野別取扱製品】(3項目の掲載があります。)

【企業PR】
弊社は、劇場用35mm映写装置の製造販売を主に、それに伴うキセノンランプやミラー、レンズ等を取り扱っております。
http://www.optronics.co.jp/bo/corp.php?refer=&key=1238
※このHPの会社と日本電子光学工業とは関係はありません。



【関連する記事】
posted by 管理人B at 22:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(一般ニュース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。