2012年03月30日

豊和商事(岐阜県岐阜市):破産手続き 不動産貸付業を端とするパチンコ店経営、不況で集客低下〜やはり震災の影響も隠しきれないでしょう。

岐阜県岐阜市を本社としてパチンコ店を展開する「豊和商事」が破産手続き開始決定となったようです。
負債は「2010年11月」で約62億円ということなのですが、
 この記事だけではどうなっているのかがよくわかりません。それに、一昨年の負債を発表しているのですから尚更です。
 ところで、この会社は「不動産」の貸付(つまり地主なのか)を行っていたということで、恐らくその「土地活用」ということで「パチンコ店」を経営し始めたのかもしれません。
 
 土地をもつ人は「地主」と呼ばれますが、土地は「資産」となるものです。しかし、土地は生き物ではありませんが、不動産のため「固定資産税」というものが毎年かかります。だからもっていると、お金がかかるのです。
 そのため、土地を何か商業活動に使って最低でも「固定資産税」よりお金を多く産まなくてはなりません。

 ですから、土地をもっている人は自分で土地を活用した商売もしくは、大東建託や東建コーポレーションのような「あなたも土地の有効活用してみませんか」などのような業者にお願いして、土地がお金を産むようにしておかなければなりません。

 今回のこの会社(豊和商事)はどういった経緯でパチンコ店を営んだのか定かではありませんが、その立地が「商業地域」などであり、パチンコ店にするのがもっとも効率がいいのだと判断したからなのでしょう。

 しかし、パチンコ業界も今は競争が激しく、特に今のような不景気でしかも震災後となると、「パチンコ屋」のイメージは努力しても低くなってしまうのが当然の帰結となっています。

 ですから、この際に「ポートフォリオ」と言われるような事業のリスク分散(たとえば、パチンコ屋とガス設備業、パチンコ屋とセブンイレブンのようなコンビニ経営)のようにパチンコと逆の景気変動をとらえられるようなビジネスを展開しておくと安定してくるものと考えています。

 とにかく、敗因は不況と震災の影響だと考えます。


豊和商事(岐阜県岐阜市):破産手続き 不動産貸付業を端とするパチンコ店経営、不況で集客低下〜やはり震災の影響も隠しきれないでしょう。



豊和商事:破産手続き パチンコ店経営、不況で集客低下 /岐阜

 岐阜市などでパチンコ店を展開する「豊和商事」(内山静代表)が26日に岐阜地裁から破産手続きの開始決定を受けていたことが分かった。帝国データバンク岐阜支店が29日発表した。負債は10年11月現在で約62億円9500万円に上るが、実態が不明で負債総額は流動的という。

 83年設立。当初はグループ会社の不動産貸付業を手掛けたが、90年12月以降、千葉県や東京都を中心にパチンコ事業を進め、05年11月期決算では年商約130億円を計上していた。その後、景気低迷などで集客が低下。10年1月には愛知県稲沢市の「マルキ祖父江店」と岐阜市の「マルキ柳ケ瀬店」の2店舗だけになり、年商も約27億4400万円に落ち込んでいた。【立松勝】

臥龍のサクラ:「守る会」が現地研修 樹木医・浅野さん招き−−高山 /岐阜
人事:瑞穂市 /岐阜
人事:本巣市 /岐阜
岐阜羽島衛生施設組合:次期ごみ処理施設用地、予算案を可決 /岐阜
人事:羽島市 /岐阜
毎日新聞 2012年3月30日 地方版
http://mainichi.jp/area/gifu/news/20120330ddlk21020022000c.html
(2012/3/30/毎日新聞地方版)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 17:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(その他不動産会社) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。