2012年04月04日

「AKB(AKB48)の総選挙は辞退」 卒業を表明した前田敦子さん〜「経営破綻」(倒産等)回避のためには早期の「ソロ活動」という足固めと転換が必要。

最近の「アイドル」と言って真っ先に出る言葉はやはり「AKB48」(エーケービーフォーティーエイト)であることが殆どなのではないでしょうか。芸能ニュースがトップ記事にAKB48の話題を飾るのは当然としても、一般のニュースの記事のトップに出てくることはあまり例のないことです。
 芸能界にあまり興味の無い人でもこの「AKB48」だけは知っているという人も少なくありません。
どうしても、野田総理がどうのこうのとか、東日本大震災の内容と同時に、AKBの話題が隣接して掲載していることも、少なくありません。
AKBの芸能活動は「総選挙」という行事などもあり、経営戦略がフンダンに盛り込まれた芸能活動と言っても過言ではありませんが、
 それだけ「AKB48」の活動が日本経済に大きな影響(貢献)を与えているということです。

 ところで、今回AKB48のエースと言われる前田敦子がAKB48を引退するという話が浮上しましたが、「芸能経済」から考えると「当然の帰結」となります。
  いくら前田敦子がAKB48のエースと言われていても、画面や舞台をにぎわせているのは、48人のメンバーが一緒に活動しているのです。
 ですから、テレビの番組などに出演しても、その時間を飾るのは48人で飾ってその収入をえているのですから「人件費」はバカになりません。

 芸能界は今年は大変絶好調であっても、翌年には急降落ということは珍しくない話です。そのためにも、「1人で稼ぐ」ということが大切になると思います。それに前田敦子も今は20歳といわれていてもいつかは30歳・40歳となっていきます。
 そういった時に「アイドル」を武器にするのはかなりきついことも当然あげられます。
倒産回避と同じ理論になりますが、早期に任務転換が必要になります。




「AKB(AKB48)の総選挙は辞退」 卒業を表明した前田敦子さん〜「経営破綻」(倒産等)回避のためには早期の「ソロ活動」という足固めと転換というリスク分散が必要。


「AKBの総選挙は辞退」 卒業を表明した前田さん

 アイドルグループ「AKB48」からの卒業を表明した前田敦子さん(20)が4日、インターネットを通じて「卒業日などはまだ何も決まっていなくて、みなさんと相談しているところですが、(6月開催の)AKBの総選挙は辞退させていただきたい」と話した。

 動画投稿サイト「ユーチューブ」のAKB48公式チャンネルなどで配信されたファン向けの約7分の動画で、前田さんは時折目に涙を浮かべながら現在の心境を語った。

 卒業を考え始めたのは「ずいぶん前」とした上で、「私がもしAKBじゃなくなったら何が残るんだろうという不安はたくさんありました」。

2012/04/04 16:27   【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201204/CN2012040401001627.html


【関連する記事】
posted by 管理人B at 17:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。