2012年04月17日

米SMFエナジー、連邦破産法11条の適用申請〜敗因は原油高と消費者の節約志向。

アメリカの石油の供給会社であるSMFエナジーがアメリカ連邦破産法第11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請いたしました。敗因としては、原油の価格上昇とそれに伴う消費者の利用控えが大幅に利益を圧縮し、ある債務の弁済ができなくなったというところです。
 原油は、原子力に代替するエネルギーとして逆コースをたどっていますが、やはり化石燃料もそんなにゆとりが無いことから、貴重な存在であり高額な燃料となりつつあります。そんな中一般消費者は電車の利用や車にあまりのらないなどの節約志向になり、結局原油関連の企業も今後の動向は厳しい状況となる見込みです。



米SMFエナジー、連邦破産法11条の適用申請〜敗因は原油高と低価格競争での消費者の節約志向。

米SMFエナジー、連邦破産法11条の適用申請
2012年 04月 17日 01:27 JST 


[16日 ロイター] 米石油製品プロバイダーのSMFエナジー(FUEL.O: 株価, 企業情報, レポート)は、米連邦破産法11条の適用を申請したことを明らかにした。

競争圧力が増すなか、値上げが困難となり、売上高の減少をコスト削減で補うことができなかったと説明した。

主要融資元はウエルズ・ファーゴ(WFC.N: 株価, 企業情報, レポート)で、現在の負債額は約1120万ドルという。

発表を受け、同社株価は米株式市場午前の取引で、66%超下落した。
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTJE83F01520120416
(2012/4/17ロイター)


【関連する記事】
posted by 管理人B at 22:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 倒産(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
広告一切なし!とっても見やすいは【JUGEM PLUS
不動産投資を学ぶなら!
絶対節税の裏技 【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています お申し込みはこちら
[PR]:くちコミ効果で売上げUP FPによる無料保険相談は「あなたのFP」で! 生命保険保険見直し
100円PC市場
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。